住宅ローン一覧

死亡保険で必要になる補償額は住宅ローンを借りると大きく変化 その理由をシミュレーションしてみました

一家の大黒柱のあなたに万が一のことがあったら、残された家族が安心して生活していけるようにするために死亡保険は無くてはならないものです。いざという時のための死亡保障の必要額の算出方法と住宅ローンを借りた場合に大きく変わる保障額も検討してみます

切っても切れない関係にある火災保険と住宅ローン、その理由とは

住宅ローンを利用する場合、団信(団体信用生命保険)とならんで、火災保険も重要な役割を果たします。大半の住宅ローンではその加入を義務としています。火災保険は、加入に当たって商品性などの検討も必要ですが、こと住宅ローンを利用する場合、住宅ローンと火災保険の関係についても理解しておく必要があります。

おすすめの住宅ローンシミュレーションとエクセルのシミュレーションの落とし穴

住宅ローンの検討する際に必ずと言っていいほどお世話になるのが「住宅ローンのシミュレーション」ではないでしょうか。ネットで探すと、様々な機能を持ったシミュレーションが、簡単に利用できたり、手に入れたりできるので、比較したり検討したりする際には大変役に立ちます。

複雑な仕組みの固定金利選択型の住宅ローンで後悔しないために知っておきたいこと

固定金利選択型住宅ローンには「固定金利」という単語が含まれてることで誤解されがちですが、歴とした変動金利型に分類される住宅ローンです。この固定期間選択型の住宅ローンを選ぶに当たり、その仕組みと注意したいポイントに的を絞って検討していきます。

「店頭表示金利」、「適用金利」の違い、わざわざ2つの金利表示をする理由

金融機関のホームページで住宅ローンを調べようとすると、初めての方がまず戸惑うのが金利の表示方法ではないでしょうか。「店頭金利」、「優遇金利」、「適用金利」、「基準金利」と様々な金利の名称について何を意味して、どう違うのか理解しておきましょう。

元金均等返済と元利均等返済の違いから考える返済方法の選択で考慮すべきこと

住宅ローンで用いられる代表的な返済方法には、「元金均等返済」、「元利均等返済」の2種類があります。このうち元利均等返済が選択されるケースが圧倒的に多く、元金均等返済を選択するケースは少くなっています。何故なのか?その理由はそれぞれのメリットとデメリットの中に隠されています。

4月からのフラット35の制度変更が発表、継続決定のフラット35Sとの併用で最大引き下げ幅は0.55%も可能に

話題になっていた「フラット35子育て支援型」に加えて、当初3月末までの受付とされていたフラット35Sの延長も発表されました。その他にも新しくアシューマブルローン(債務継承型ローン)も導入されています。それぞれの制度の気になる内容を見ていきましょう。