2017年5月の太陽光発電とここ一年のデータを元にした調達価格による売電額の違い

閑古鳥です。

5月は一年でもっとも発電量が多くなる太陽光発電では書き入れ時ですが、お住いの地域では如何でしたでしょうか?

太陽光発電設備に関するデータ

はじめに我が家の太陽光発電の設備に関するデータをご紹介しておきます。

太陽電池モジュール(単結晶)…20.09kW(屋根15.17kW、ソーラーカーポート 4.92kW)

屋根勾配…1.5寸(屋根搭載・カーポート共)

パネルの方位角…真南より2.45度東向き

パネル設置場所…群馬県前橋市

買取価格…全量買取32円(税込34.56円)

夢発電システム利用…金利1%、支払回数120回(10年)

特に断りが無い場合、記事中の発電量は、我が家のパネル搭載量20.09kWによるデータとなっています。

5月の発電量

発電結果

太陽光発電1~5月までの結果

5月の発電量は2582.93kWh(太陽光パネル1kWあたり128kWh)でした。

一条工務店発行の太陽光発電年間発電量予想

一条工務店のシミュレーションによれば5月の発電量が2,420kWhとなっていますので、シミュレーション比では106%となりました。年1%パネルが劣化すると仮定して計算してみると107%となります。

シミュレーション数値は超えたものの、もっとも発電量が期待できる5月としては、正直物足りない結果に終わりました。

昨年5月より発電量が少なかった原因

昨年と今年の発電に関係する気象データの比較です。

日照時間 全天日射量(MJ/㎡) 発電量(kW/h) 平均気温
2016年5月 208.0 582.75 2,693.5 20.2℃
2017年5月 209.8 570.81 2,582.9 19.7℃

発電量を左右する全天日射量が昨年より12MJ/㎡ほど少なかったことが原因の一つかもしれません。12MJ/㎡での発電量はどのくらい?と思われるかもしれませんが、我が家のパネル搭載量ではおおよそ70kWhほどになります。

残り40kWh程度の差についてはデータを観測している気象台と我が家の距離からくる天候の違いによるものかと思われます。

なお日照時間でみると、5月のほうが多くなっています。日照時間は直射光によって物体の影が分かるくらいの明るさ(直達日射量が120W/㎡以上)があればカウントされますので、目安とはなりますが、発電量との相関関係は全天日射量と比べて低くなります。

発電開始以来の全天日射量と発電量の関係をグラフにしてみました。

全天日射量と発電量の関係

日射は夏至を迎える来月が一年の内でもピークとなりますが、入梅の時期を迎えること、気温の上昇などもありますので、発電量は今月がピークとなります。

調達価格からみる売電額の違い

ここ一年間の我が家の発電実績をもとに、調達価格が変わることで売電金額がどれくらい変わってくるのかを見ておきます。これから先、太陽光発電をご検討の方にとってはかなり厳しい数字となっています。

調達価格の今後については、以前の記事で取り上げたことがありますので、詳細はこちらをご覧いただくとして

閑古鳥です。 12月13日に開催された調達価格等算定員会で来年度以降の再生可能エネルギーの調達価格についての委員長案が発表され...

今回は10kW以上の全量買取の調達価格で見ておきます。

平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
10kW以上 40円+税 36円+税 32円+税 29円+税 24円+税 21円+税

分かりやすいように、パネルをちょうど10kW搭載した場合の発電量で計算してみました(我が家の発電量÷20.09×10で発電量を計算しています)。

  発電量(kW/h) 売電価格
(40円+税)
売電価格
(36円+税)
売電価格
(32円+税)
売電価格
(29円+税)
売電価格
(24円+税)
売電価格
(21円+税)
2016年6月 1,099 47,477円 42,729円 37,981円 34,421円 28,486円 24,925円
2016年7月 1,135 49,032円 44,129円 39,226円 35,548円 29,419円 25,742円
2016年8月 1,137 49,118円 44,207円 39,295円 35,611円 29,471円 25,787円
2016年9月 786 33,955円 30,560円 27,164円 24,618円 20,373円 17,826円
2016年10月 889 38,405円 34,564円 30,724円 27,843円 23,043円 20,163円
2016年11月 732 31,622円 28,460円 25,298円 22,926円 18,973円 16,602円
2016年12月 870 37,584円 33,826円 30,067円 27,248円 22,550円 19,732円
2017年1月 943 40,738円 36,664円 32,590円 29,535円 24,443円 21,387円
2017年2月 1,114 48,125円 43,312円 38,500円 34,890円 28,875円 25,266円
2017年3月 1,198 51,754円 46,578円 41,403円 37,521円 31,052円 27,171円
2017年4月 1,365 58,968円 53,071円 47,174円 42,752円 35,381円 30,958円
2017年5月 1,285 55,512円 49,961円 44,410円 40,246円 33,307円 29,144円
 年合計 12,553 542,290円 488,061円 433,832円 393,160円 325,374円 284,702円

平成29年度の調達価格は21円となっています。この単価で10kWのパネルを搭載した場合、一年間の売電価格はざっくりとした計算でおよそ28万になります。

一条工務店が今年の2月まで行っていた太陽光パネルのキャンペーン価格は1kWあたり24万円となっています。

イニシャルコストであるパネル代、工事費、そしてランニングコストの金利、定額電灯料金(全量のみ)、所得税、パワコンの交換費用などの合計を考慮しなければいけないことを考慮に入れて検討して下さい。

また全量買取を選択するのか、余剰買取を選択するかによっても収支は異なってきます。

年々低下する太陽光発電の買取価格ですが、10kW以上のパネルを搭載する場合であれば何も考えずに全量買取を選べばよかった時代はすでに終わりを迎えています。これから太陽光発電の導入を検討する場合、電気料金をはじめとして、税金など様々な要素を織り込み慎重な計算が求められます。

最後に

今月の太陽光発電は残念な結果になりましたが、1月~5月の合計では、今のところシミュレーション比122%と比較的順調に推移しています。年間を通して必ずシミュレーション割れをしてくる時期もありますので、稼げる時期に沢山発電しておいてほしいものです。