本当は付けたかったあのオプション、後付けするとHow much?

閑古鳥です。

先日i-smartオプション一覧表をご利用いただいたkawaさんより、コメント欄を通して提案を頂いきました。

こちらがそのコメントの一部です。

「1つ提案なのですが、もし可能でしたらオプション一覧表とは別に、付け忘れた&付けたかったけど当時は付けられなかったオプションを引き渡し後のユーザーが付けた(購入した)物の一覧があるととても参考になるのですが・・・(中略)引き渡し後のユーザーになると、こう言ったかゆい所に手が届く情報がとても助かりまして」

kawaさんがおっしゃるように、この手の情報は非常に少ないのが現実です。

例えば「やっぱり後から網戸をつけたい」や「寝室の断熱ハニカムだと朝日が眩しいので避熱へ変えたい」など、実際に暮らし始めて必要だと気が付くものも、結構あるのではないでしょうか。

ネットで検索してみても、目的のアイテム、さらにその金額から工賃まで記載されているページはかなり少ないのが現実です。

一条工務店に見積もりを出して貰えばいいんでしょうけど、ちょっと面倒、と思われる方も多くいらっしゃるのではと思います。

「ハイドロテクトタイルを後から買うと一枚幾らになるの?」

ご存知の方は少ないのではないでしょうか。

後付する場合の値段

まずはkawaさんからご提供いただいた三点と知り合いのブロガーさんの記事から二点をご紹介しておきます。

ハニカムシェードの交換

我が家のハニカムも二箇所、引き渡し後に断熱から避熱ハニカムに交換しています。

ハニカムシェードを二か所、通常の断熱タイプから遮熱タイプに交換しました。入居からわずか一年で交換に至った、我が家の失敗をご覧いただき、どのような点に気を付けてハニカム選びをすればいいのか参考にしていただければと思います。

このハニカムシェード、特に断熱から避熱への交換需要は結構多いのではないでしょうか。今回頂いた情報は一番小さな窓JF(樹脂サッシフィックス窓)1061のハニカムの交換(後付け)の価格です。

ハニカムシェード交換

JF1061(幅20㎝位 高210㎝位)避熱ハニカムシェード(JF1061用)…8,000円

作業料…10,000円

一番小さなハニカムシェードかと思いますが、後からお願いすると結構なお値段になり、設置までお願いすると何と18,000円にもなってしまいます。

なお小さい窓であれば自分で作業出来ます(大きい窓はハニカムの重量もそそれなりにあること、フックの数も多くなることから厳しいかもしれません)。

こちらの記事にハニカムの外し方と取り付け方法を載せていますので、参考にしてください。

閑古鳥です。 先日二か所、ハニカムシェードの交換をしていただきました。交換に至った理由などは改めて記事にしたいと思います。今回...

フリーカウンターの後付け

フリーカウンターをオプションとして取り付ける場合の価格については、以前の記事で取り上げました。

一条工務店「i-smartオプション一覧表」更新。今回はフリーカウンター5サイズ、ピクチャーレールディスプレイ用、ピクチャーレール日用品ひっかけ用各サイズごとの価格を追加しました。

フリーカウンター本体のお値段はオプションと同じ価格になっています。が、問題は工事費用でした。

オリジナルフリーカウンター後付け

ストレートタイプFCS1590(奥行450×幅2730㎜)…50,000円(送料込、税抜き)

取付工事費…54,000円

養生等…14,000円

取付工事費と養生などのお値段が68,000円も掛かるようです。全部で118,000円ともなると二の足を踏んでしまいそう。いい机を買ったほうがいいかもしれません。

フリーカウンターについては、建築時の設置が必要になりそうです、後付けは厳しそうです。慎重にご検討ください。

TDタイル

kawaさん邸では外装にルーフ取り付けを検討していらっしゃるそうです。ルーフ取り付けを行う業者ではハイドロテクトタイルを準備出来ないため、kawaさんご自身が一条工務店に問い合わせをして分かった値段になります。

TDシリーズタイルの価格

平大 100円/枚(最小10枚単位)

平小 60円/枚(最小20枚単位)

コーナー大 330円/枚

コーナー小 250円/枚

袖壁コーナー大 330円/枚

袖壁コーナー小 250円/枚

このTDタイル、購入する場合には施主が注文する必要があるようです。

購入の流れは

  1. 担当営業へ依頼
  2. 送り先もHRD→西東京(関東の場合)→展示場(担当営業)→ユーザー又は提携業者

となっているようです。また最終使用者が一条ユーザーに限られ、用途&使用箇所が解る場合で、使用量が極端に多くないことが販売の条件になっています。

タイルの転売防止の為、一条工務店と提携のない業者に送る事はしてないそうです。

一枚あたりの値段だとピンときませんので、我が家の玄関脇に壁面でタイルが何枚貼られているのか計算してみました。

赤で囲んだ部分を数えてみました。

結果「平大」のタイルが161枚(16,100円)、「平小」のタイルが57.5枚(3,450円)貼られていました。金額にして19,550円になります。

我が家の場合、施工面積47坪なので、ハイドロテクトタイル全面貼りのキャンペーン価格は、今の値段だと47万円になります。

一条工務店「i-smartオプション価格一覧表」を最新verに更新しました。今回はハイドロテクトタイル外壁全面貼りの値上げ、レースハニカムシェードの価格、トイレの変更点を追加しています。

この部分だけで2万円かかる訳ですから、家一棟にするとかなりの金額となります。通常価格だと数百万円かかると言われているのも、あながち嘘ではなさそうです。

ナノイー発生器「エアイー」用専用フィルター

こちらは先日一条ブロガーのまぼこさんが記事にされていました。

一条工務店で契約をすると3個までサービスされているナノイーユニットですが、年末の大掃除の際に掃除に困ったという報告をよく目にしました。 実際その効果を感じる方と分からないよという方も様々ですが、我が家では稼働しなかった時に脱衣所の匂いを感じ、ある程度の効果があるのだなと実感したものです。 我が家では基本的に

こんな点も、記事になったことから多くの方が知ることになりましたが、それ以前は誰も値段も注文方法も知りませんでした。

破れた壁紙の補修費用

こちらはさすけさんの記事から。

こんばんは。さすけです\(^o^)/ 先日ブログで少し書きましたが、我が家の壁紙がびりっと破れてしまいました。…

壁紙自体は引渡の際に頂いたものを使えますので、紹介されている金額は工賃分となります。一条工務店以外の業者に頼む場合でもおおよその相場観を知っているだけで役に立ちます。

一条ブログは数あれど…

ブログ村 一戸建 一条工務店カテゴリーには1000を超えるブログが現在登録されています。

ハウスメーカー選びに始まって、打ち合わせ、建築工事、そしてweb内覧会と、一条工務店で建築を考える方場合、ブログを読み漁ることで大抵の情報が手に入るのはご存知のとおりです。

ところが、建築ブログという性格上、多くの方はweb内覧会を一区切りとして卒業されていく方が多いのも事実です。

最初は新鮮で、物珍しかったi-smartでの生活も、時間の経過とともにそれが当たり前の日常となってきますので、家に対する関心は徐々に低くなってくるのは仕方のない事です。

引渡し後の情報について、住み心地や掃除方法、収納方法などを紹介しているブログは比較的充実しているものの、この手の後付けに関しては極めて情報量が少ないのが現実です。

後付で何かを設置される方は、かならず一定数いらっしゃるかと思いますが、その方がブログという手段で情報発信してくれるケースが少ないことが主な要因でしょうね。

他にも色々とありそうなので教えてくださいm(__)m

例えば網戸、こちらは設計士さんによっては「一条の家では窓をあけることがないので必要ありません」と説明されたものの、後からどうしても付けたいという方も居ると思います。

ググって見たのですが、だいぶ前の記事、i-cubeで網戸を跡付けされた方がいらっしゃいましたっが最近の記事では見かけませんでした。

ハニカムシェードは今回ご紹介したサイズ以外にも交換されている方はいらっしゃると思います。

我が家ではこんなものを後から交換しました、採用しました!などの情報をお持ちの方、教えていただけないでしょうか。

頂いた情報はブログでご紹介させていただく他に、ある程度まとまれば、オプション一覧表のようなものを作成してみたいと思います。

当ブログで作成している一条工務店「i-smartオプション一覧表」のダウンロードに関する注意点をまとめています。最新版の一覧表や使い方などのプラットフォーム的な記事となっています。

コメント

  1. kawa より:

    こんばんわ。
    ブログの更新有難う御座います。

    提案にお付き合いして頂き、とても感謝です。
    色々と情報が集まるとよいなぁ^^

    私の方もまた情報出来ましたらご連絡させて頂きます。
    有難う御座いました。

    • 閑古鳥 より:

      kawaさんこんばんは(^^)
      色々教えて頂き、お陰様で記事にすることが出来ました。
      面白い情報が出てくるといいですよね、楽しみにしています。
      この度は色々とありがとうございました!