オプション一覧表ご希望の方はこちらから

2016年4月分の電気料金請求額 我が家の床暖房の運転停止時期を考える

20160410ec

閑古鳥です。4月分の電気料金請求額が確定しました。

契約基本情報

契約種別 電化上手、10kVA(基本料金2,160円)

料金単価(単位:1kWh)

昼間(10時~17時)38.63円(夏季:7/1~9/30)、31.63円(夏季以外)

朝晩(7時~10時、17時~23時)25.92円

夜間(23時~7時)12.16円

電化上手の新規受け付けは2016年3月末で終了しています。これから東電のオール電化向け料金プランはスマートライフプランになりますが料金体系が大分違います。記事をご覧いただく際にはご注意ください。

4月分の電気料金

請求書は4月分の請求となっていますが、電気料金の請求期間としては3/8-4/6までの30日間となっています。我が家の場合、請求の締日が月初めとなっている関係上、請求月と実際の使用期間にかなりのズレが生じています。

電気料金

2016041001

この請求期間の電気料金は14,588円となりました。前月と比較し2,760円減少しました。

2016041005

ピークの2月分(実質1月)から比較すると使用料金は約4,000円ほど減少しました。

今回請求期間中の平均気温は10.0℃度となり、前回3月分5.9℃と比較して大幅に上昇しました。一方使用料金の減少が鈍かったのは3/25に私達子世帯も入居したことが影響したようです。

電気使用量

電気使用量は696kWhとこちらも14%ほど減少しました

2016041002

同じ一日当たりで比較すると

2016041004

朝晩、昼間は減少しましたが、夜間は前回とあまり変化ありませんでした。

床暖房OFFのタイミング

床暖房は3/24まで1Fのみ24時間28℃の設定でしたが3/25より2Fも24℃で床暖房を運転開始、さらに3/31より全館24℃の設定にしています。

2016041006

入居当日は気温が低かったこと、引越しで夜8時過ぎに玄関ドアを1.5時間ほど開けっ放しだったこともあり、電気使用量は35kWhに急上昇してしまいました。

ブログ記事を拝見していると既に床暖房の運転を停止した方の記事も見かけるようになってきましたが、我が家では今日現在24時間24℃の設定で運転継続中です。運転開始のタイミングも迷うところですが、運転停止時期もまた難しいですよね。

我が家ではおおむね床暖の運転開始した時期の平均気温と同じくらいになる時期で運転を停止しようと考えています。

2016041007

床暖房を入れたのが平均気温15℃を下回る時期でしたので、最近の気温を見ていくとそろそろ停止させても良い時期なのかと考えています。

停止日は今週の水曜日あたりを考えています。

2016041008

週間天気予報によれば4/12の朝の最低気温が3℃となっていたためです。

各家庭によって事情が異なるので自分の家に合った運転基準を見つけておくといいかもしれません。寒がりの父がいる我が家では、普通のお宅より設定温度が大分高かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*