【Web内覧会・第28回】 二階廊下 たった二帖の廊下の役割

20151109ec

閑古鳥です。Web内覧会28回目は二階の廊下です。

間取り

2015110901

2015110902

二階の廊下はたったの2帖(図面ではホールと記載)、施工面積を減らすために廊下は最小限にしたいと間取りを考えた結果、この広さとなったものです。
2015110903

廊下から見たセカンドリビング、子供部屋方向。

2015110904

子供部屋から見たセカンドリビングとその先が廊下、廊下の行き当たりがロスガード90の折戸になっています。

照明はダウンライト一つですが、利用頻度はかなり低いです。

二階廊下の役割

吹抜けを見下ろす

2015110909

打ち合わせの当初の間取りは、二階の廊下は設けない方向で考えていました。すなわち階段を上がってすぐにセカンドリビング、そこから各寝室にアクセスするようにしていました。

妄想の間取り?
こんばんは、閑古鳥です。 いよいよ第一回の打合せが今週末に始まります。 これまでに他メーカーとの打合せを経てきましたので、閑古鳥...

しかし吹抜けを設置にあたり吹き抜けに面する部分は廊下にしたかったため出現しています。

【Web内覧会・第21回】 リビングその1 採用してよかった吹き抜け
閑古鳥です。Web内覧会21回目はリビングの一回目として吹き抜けをお送りします。 我が家の吹き抜けの窓は南面に1か所、FIX窓...

一つ目の役割は吹き抜けを上から見下ろすことです。おそらく最初に案内されたi-cubeの展示場の吹抜けの解放感の印象が強烈だったため採用したのかもしれません。

音の問題

吹抜けの下は一階のリビングになっています。i-smartは遮音性が非常に高く、外からの音が聞こえないのですが、家の中での音は結構響きます。リビングのテレビの音、人の話し声など、吹抜けを通じて二階でも結構聞こえます。

一階、二階のリビングが吹き抜けを介してつながっている間取りはさすがにこの音の問題上無理がありそうです。両方のリビングで同時にテレビをつけると、さすがにうるさく耐え難いのではないかと思います。

足元灯

2015110908

足元灯の熱線センサタイプ(OP価格6,400円)を設置しました。廊下のダウンライトのスイッチが階段とセカンドリビングにあるのですが、夜、主寝室からトイレに行くのにいちいちダウンライトをつけるのが面倒なため設置したものです。

足元灯には他にも暗くなると点灯する明るさセンサタイプもありますので、用途に応じて採用すればいいかと思います。

2015110913

この足元灯にはコンセントが一つついているので、我が家では廊下突き当りにあるロスガードのフィルター交換の際に掃除機が使えるため重宝しています。

火災警報器

2015110907

ドアの左に見えるのが火災警報器です。電池式なのでいずれ交換が必要になります。

打合せの際にはこの火災警報器に手が届くか心配しましたが、踏み台を使えば問題なさそうで一安心です。この距離感や高さは図面で見ただけでは、感じがつかめないところもあります。

ロスガードの排気口

2015110906

2015110905

図面をご覧いただくと分かりますが、この廊下の天井にはロスガードの排気口(RA:Return Air)が二カ所あります。なぜこんな狭い廊下に1Fと2Fの排気口が接近して二カ所ついているのか理由は分かりません。

ロスガードの音よりも、この二カ所のRAの排気音が結構うるさい感じがします。吹き抜けがあるため一階のリビングにいるときなど気になる時があります。

次回は主寝室をご紹介したいと思います。

ここまでのWeb内覧会をご覧になる場合はこちらのページをご覧ください。

閑古鳥です。写真は階段のFIX窓から見える景色です。構造上の関係からこの大きさの窓(JF2445)となりましたが、景色も良いので一番大きいFIX窓(JF5961)を採用したかったのがやはり本音でしょうか。さて7月18日に引渡が完了した我がi