【Web内覧会・第3回】一階廊下 グルグル動線は二世帯住宅の我が家における避難経路

20150731ec

こんばんは、閑古鳥です。Web内覧会三回目は一階廊下と階段をお送りいたします。

図面

2015073101

1階廊下

2015073102

写真は玄関ホールから見た廊下です。フロアコーティングした後に撮影したので、ダウンライトがフローリングに反射しており、なかなか綺麗に感じます。

さて我が家の一階廊下はたったの2帖、玄関ホールを含めても3帖しかありません。二世帯住宅ということもあり、延べ床面積が大きくなってしまうために廊下は必要最低限に抑えました。玄関ホールからリビングに直通する、すなわち廊下をゼロにする間取りも検討してみたのですが、とある理由がありゼロにはしませんでした。

間取りを作る際の肝とは?

打合せの際に設計士さんからは、我が家の場合のように東西に長く、東に玄関が来る場合の間取を考える際には、玄関から一番遠い部屋までどのように繋げていくかを決めるのが、間取りを考えるに当たっての肝となりますとアドバイスを頂きました。

東の玄関から西に向かって廊下をまっすぐに延ばすことが出来れば一番簡単なのかもしれませんが、それだと廊下の面積が大きくなってしまい、結果として他の部屋の面積を削らなくてはいけません。もう一つの理由としてあまり長い廊下にしたくなかった理由があります、それがこちら。

2015073104

廊下の横幅が狭い点です。図面の1マスは91㎝ですが、壁厚がありますので有効幅員は実際に測ってみると78㎝しかありません。個人的にはこの幅の廊下はかなり狭く感じます。そのため廊下は必要最低限だけにしてあります。

以前ご紹介したことがありますが、提案頂いた間取りには、この長~い廊下が出現したことがありました。

第四回間取り図
一条工務店、i-smart、間取り図、二世帯住宅

9マスの廊下です。いくらなんでも一階の廊下を2坪以上取るのは無駄ではないかと思い、その他の理由もありNGとさせて頂いた間取りです。

それでも廊下が必要だった理由

まずはこちらの図面を見てください。

2015073103

いわゆる「グルグル動線」というものです。ネット調べてみると家事楽グルグル動線などと呼ばれることもある様です。実はこれをどうしても実現したく貴重な床面積の中から2帖を廊下に割きました。

しかし主目的は家事楽を目指したものではありません。

妻の避難経路確保

ハイ、主目的はこちらになります。二世帯住宅故の理由となるかと思います。完全分離型の二世帯住宅ならば全く問題ないのでしょうが、我が家は完全共有型(同居型)の二世帯住宅となっています。

親世帯の来客があった場合、LDKにいた妻が来客者に会わずに二階へと逃げられる動線の確保が主目的です。この廊下が無い場合、リビングの来客の前を横切っていかないと、DKから出ることが出来きなくなります。

2015073105

採用して失敗したピクチャーレール

2015073106

以前にも書きましたが、一条工務店群馬の場合オプションのピクチャーレールは直営から入荷しないため、提携のカーテン屋さんで付けてもらうことになります。そこで採用したのがこちらなのですが、これではフックが小さすぎです。このフックの大きさではハンガーを吊るすことが出来ませんので、予定していた使い方が出来そうにもなく後悔しています。

日用品のピクチャーレールと説明を受けただけで、現物を見ていなかったことを後悔しています。ご検討の方は是非とも実際のものを確認してから採用を決めることをお奨めします。

2015073107

廊下の上を見ると一階でたった一カ所出現したSタレ壁が見えますが、この程度だとは全く気にはなりません。私の場合完成後は、吹き抜け以外の天井をまじまじと見上げる事はほとんど無くなってしまいました。

次回は階段をお送りする予定です。

過去のWeb内覧会をご覧になる場合はこちらのページをご参照ください。

閑古鳥です。写真は階段のFIX窓から見える景色です。構造上の関係からこの大きさの窓(JF2445)となりましたが、景色も良いので一番大きいFIX窓(JF5961)を採用したかったのがやはり本音でしょうか。さて7月18日に引渡が完了した我がi