2016年12月分の電気料金請求額 「これだけ安くなった!」i-smartとアパートの一年分の光熱費の比較

20161208ec

閑古鳥です。

冒頭の写真は先日子供と言ってきた群馬フラワーパークの夜景の様子です。入場料は大人600円(クーポン利用で500円)、子供無料となかなかリーズナブルな価格。

季節を忘れてしまいそうな全館床暖房の快適空間の中が一番なのですが、寒さに震えながら綺麗なイルミネーションを見に行くのもたまには良いものです。

さて12月の電気料金が確定しましたのでご覧いただくのと共に、今回は今年3月まで暮らしていたアパートと高気密高断熱住宅のi-smartとの光熱費の差がどれくらいになるのかも併せてご覧ください。

契約基本情報

契約種別 電化上手、10kVA(基本料金2,160円)

料金単価(単位:1kWhあたり)

  • 昼間(10時~17時)31.73円(夏季以外)、38.72円(夏季:7/1~9/30)
  • 朝晩(7時~10時、17時~23時)26.01円
  • 夜間(23時~7時)12.25円

家族構成 二世帯6人(親世帯2名、子世帯4名)

施工面積 47坪

電化上手の新規受け付けは2016年3月末で終了しています。現在東京電力のオール電化向け料金プランはスマートライフプランになりますが、料金体系が違いますのでご覧いただく際にはご注意ください。

電化上手とスマートライフプランの異なる点、電気料金の比較はこちらの記事をご覧ください。

東京電力の新しいオール電化向け電気プラン「スマートライフプラン」の落とし穴と電化上手との比較シミュレーション
閑古鳥です。 2016年4月の電力小売全面自由化を目の前にして、参入各社の様々なプランが発表となりました。我が家では東京電力の...

12月分の電気料金

今回の電気料金の請求期間は11/8-12/6までの29日間となっています。11月に使用した電気が中心の請求となっていますのでご注意ください。

電気料金

2016120807

この請求期間の電気料金は13,925円でした。前月と比較し1,400円増加しました。

2016120801

日数が違いますので一日当たりで計算するとおおよそ100円、一か月で3,000円ほどの上昇となっています。

11/3から全館床暖房の運転を始めていますので、わずか3,000円ほどのUPで快適な毎日が出来ていると思えば安いものかもしれませんね。

全館床暖房運転開始、気になる電気代は、室温の変化は?
閑古鳥です。 久しぶりに開けたHB(ヘッダーボックス)内のずらっと並んだ真鍮のバルブがフラッシュの光で輝きを放っているのが美し...

安い深夜電力の時間帯以外は24℃のセーブ運転設定だったのも安く済んだ理由です。

電気使用量

電気使用量は776kWh161kWh増加しました

2016120802

一日当たりの電気使用量での比較がこちらです。

2016120803

23時以降の夜間電力は28℃の床暖房の設定とエコキュートの消費電力増加により1.8倍になりました。一方で昼間の時間帯は前月と比較して全く変化しませんでした。24℃のセーブ運転設定では昼間がまだ暖かいことから運転停止状態のようです。

電気使用量の推移

昨年9月からの電気使用量の推移を表したグラフです。

2016120701

11/24には雪が降ったことから朝からすべての時間帯で28℃の通常運転を行いました。日中の最高気温も2.5℃までしか上がらず電気使用量はこれまでで最高の一日41.4kWhに達しています。

i-smartで大きく変化した光熱費

ちょうど一年分の電気使用量が出揃ったので、今年の3月まで暮らしていたアパートの昨年一年分の光熱費を比較してみました。

暮らしていたアパートは築17年、積水ハウスの軽量鉄骨造り、2LDKで広さは50㎡、エアコン1台で暮らしていました。換気システムは自然吸気、自然排気。サッシの隙間からは風が入っているのが分かるくらい寒く、結露は当たり前というような状況でした。

現在は延べ床面積146㎡と約3倍、家族4人から6人での生活になっています。

月ごとの光熱費の比較が下の表になります。

年月 i-smart 賃貸アパート
電気料金 プロパンガス 合計
27年1月分 16,450円 15,477円 19,167円 34,644円 -18,194円
27年2月分 18,640円 11,504円 18,639円 30,143円 -11,503円
27年3月分 17,348円 7,652円 17,585円 25,237円 -7,889円
27年4月分 14,588円 6,406円 17,388円 23,794円 -9,206円
27年5月分 12,741円 4,976円 10,207円 15,183円 -2,442円
27年6月分 10,648円 5,476円 8,692円 14,168円 -3,520円
27年7月分 12,465円 11,664円 7,769円 19,433円 -6,968円
27年8月分 14,900円 9,475円 5,002円 14,477円 423円
27年9月分 20,047円 5,470円 6,386円 11,856円 8,191円
27年10月分 15,671円 5,084円 8,757円 13,841円 1,830円
27年11月分 12,525円 5,757円 11,393円 17,150円 -4,625円
27年12月分 13,925円 8,542円 17,058円 25,600円 -11,675円
合計 179,948円 97,483円 148,043円 245,526円 -65,578円

グラフにしてみると

2016120804

一目瞭然です。

光熱費は大幅に減少しました!こうしてみると新居の光熱費の安さもさることながら、アパート時代の光熱費が半端ではなく高いことに驚かされます。

プロパンガスがあまりにも高いので、自分たちで業者を探したかったのですが不動産屋にOKを出して貰えませんでした。たぶん大家さんにマージンが流れていたのでしょうね。

光熱費もさることながら、生活環境も一変し、一年中快適に生活できることが何より大きいです。

6人暮らしになっていることを考慮しても向こう10年間でおおよそ50万円くらいの光熱費を削減できるのではないかと思います。高気密高断熱住宅の凄さを実感させられますよね。

最後に

こちらは今回の電気請求期間の外気温と室温の変化を表したグラフです。

2016120805

約20度近くも変動する外気温と比べて、室内は22℃前後の安定した気温を維持しています。

これから2か月ほどは年間で一番気温の低くなる時期、床暖房の設定温度も日中のセーブ運転24℃では室温もこれより低下してくるかと思います。

昨年は全館通常の28℃設定としていましたが、今年は少し電気代を絞ってみようかと良い方法がないか現在模索中です。