【Web内覧会・第11回】 キッチンその1 採用して正解だった水ほうき水栓

20150901ec

閑古鳥です。Web内覧会第11回目はキッチンをお送りします。キッチンはご紹介する箇所が多いので何回かに分けさせていただきます。今回は水ほうき水栓をご紹介したいと思います。

写真左側が水ほうき水栓です(右は浄水器の単水栓)。私が打合せを行っていた昨年、平成26年9月頃より採用可能となったキッチンの水栓です。この水ほうき水栓、オプション品ではなく標準で選べます(ただしi-smartのみ標準、i-cubeではオプション扱いで金額8,000円のようです)。

採用できる水ほうき水栓の種類

現在採用できるのは次の一種類のみのようです。

型番 KRTKN35EE(水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン))

TOTOのHPを見ると、この上位機種としてKRTEK35EE(タッチスイッチ水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン) )があるようですが、一条工務店ではKRTKN35EEのみの採用となっており、こちらのタッチスイッチタイプは選べないと思います。

両者の違いは水の出し止めを水栓の先端部分についているスイッチで行うか、横についているレバーで行うかの差となっています。タッチレスとは違いますので、使用した感想としては(私個人としては)それほど気になる部分ではないと思います。

水ほうき水栓の特徴

独特な水栓の形状によるメリット

この斜めの形状をした水栓がもたらすメリットとしては

  • 水栓が斜めの形をしているため、洗物の視界を遮らない
  • 斜めになっていることで大きな皿や深い鍋をあるう際に、水栓が邪魔をしない

の2点があげられると思います。

2015090106

水栓の正面に立つと洗い物の邪魔にならないのがよく分かります。実際使ってみると、非常に洗物がスムースに行え、ストレスが少ない感じがします。

2015090103

水栓の先端部分には切替ハンドルがついています。これを回転させることで、ソフトとシャワーの切り替えが可能です。

2015090104

これがソフトの状態。

2015090105

そしてこちらがシャワーの状態です。このシャワーの水流の形が箒のように見えることから、水ほうき水栓と呼ぶのでしょうか。

このシャワーが使い勝手が実に良いです。シャワーが幅広なので水の当たる面積が広いので、食器洗いの「すすぎ」を手早くすませることができます。

エアイン機能

エアイン機能とは水に空気を含ませることにより、水滴の一粒の大きさを大きくすることで少ない水でもしっかり洗え、シングルレバー水栓と比較しても35%程度の節水になるようです。

2015090102

写真上部分、ちょっと切れてしまっているのですが、この穴から空気を取り込んで水に混ぜているようです。

2015090108

シャワーの水流がソフトな感じがしますので、洗い物をしていて水が飛び散らない感じがします。HPにある表現を借りれば洗い物に当たった水がパッと広がる、まさにそんな感じがします。

レバー

2015090107

このレバーを外に倒すと水が出ます。レバーは非常に軽く動かせますので、洗い物をしている最中で手に洗剤が着いていても手の甲で操作できます。この操作性がいいので、タッチスイッチが着いていなくても水栓のレバーが汚れることもありません。

またこのレバーを上下させるとお湯と水の切り替えが出来ます。

2015090109

シャワーヘッドを引き出せるので、シンクを洗う際には重宝します。

現物を体感するにはショールームへ

様々な機能が詰まった水ほうき水栓、展示場でも現物を見ることは可能です。

一条工務店前橋展示場のi-smartを各エリアごとに写真も交えてご紹介します。訪問前にご覧いただくことで、効率よく見学することが出来ると思います。

しかし展示場では水が出ませんので、様々な機能を実感するにはTOTOのショールームに行くのが一番いいかもしれません。我が家では現物を見ないで決めてしまいましたが、採用して良かったと思えるものの一つです。

ここまでのWeb内覧会をご覧になる場合はこちらのページをご覧ください。

閑古鳥です。写真は階段のFIX窓から見える景色です。構造上の関係からこの大きさの窓(JF2445)となりましたが、景色も良いので一番大きいFIX窓(JF5961)を採用したかったのがやはり本音でしょうか。さて7月18日に引渡が完了した我がi