【ふるさと納税】住宅ローン控除と売電収入がある場合の上限額の計算方法ってどうすればいいの?

登記・家の税金・保険
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ふるさと納税は「納税=税金を納めること」と誤解されがちですが、実際は自治体への「寄付」にあたります。ただし寄付を行うと、その金額の一部が所得税および住民税から控除されます。

ふるさと納税の場合、自己負担額2,000円を除いた全額が所得税や住民税から還付・控除されます。

ふるさと納税の受入額及び受入件数(全国計)

(出典:ふるさと納税に関する現況調査結果)

ふるさと納税はここ数年で、寄付の件数、金額とも大幅に伸びています。その一番の理由は「寄付先の自治体からの多彩な返礼品」と「ポータルサイトで返礼品の比較が簡単にできるようになったこと」ではないでしょうか。

一般的な返礼品は、地場の特産物などが中心ですが、報道でも話題となった静岡県小山町の返礼品Amazonのギフト券のような金券が返礼品として使われる例もあります。さらにこの小山町の返礼率は寄付金の金額の40%。

2,000円の自己負担額が発生するものの、5万円の寄付で2万円のギフト券をもらえるわけです。つまりふるさと納税を利用しないで、所得税と住民税を払ったケースと比べて48,000円が得になるわけです。

ただし一条オーナーの場合

  • 太陽光発電を行い売電収入がある
  • 住宅ローンを借りており、住宅ローン減税を受けている

ケースが非常に多いのではないでしょうか。

このような場合、寄付金額を算出するのが非常に面倒で、寄付に二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかと思います。寄付上限金額を簡単に計算する方法がありますのでご紹介します。

今年はふるさと納税を検討されては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

売電収入、住宅ローン控除がある場合の所得とは?

 

サラリーマンの給与所得には所得税という税金がかかります。この所得税は、次のような流れで計算されています。

所得税の計算方法

年末に受け取る源泉徴収票と対比すると、なんとなくイメージが湧いてくるかもしれません。

これに対して給与所得のみのサラリーマンで、太陽光発電を行っている、かつ住宅ローン減税の適用を受けている場合の所得税の算出の流れは次のように変わります。

給与所得、太陽光売電の雑所得をそれぞれ計算、その後課税所得から税額を計算し、この税額から住宅借入金等特別控除を控除した金額が所得税となります。

太陽光発電の雑所得については、こちらの記事を参考にしてください。

ふるさと納税は控除上限額までの寄付の場合、寄付額から2,000円を引いた金額が所得税や住民税から還付や控除されます。しかし売電収入があったり、住宅ローン減税を受けている場合、その金額によっても控除される上限額は一人ひとり異なってきます。

詳しい方であれば、この計算過程からふるさと納税の控除上限額を計算することも可能です。ただその手間と計算間違えを考えると、少々リスクもあることは確かです。

この計算を自動で行ってくれるサイトを、今回ご紹介したいと思います。

ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順

シミュレーションには「みんなの税ツール @かいけいセブン」にある確認ツールを使用しました。

このツールは、太陽光売電プラス住宅ローン控除がある場合でも詳細なシミュレーションが可能です。

(2018年12月19日追記)「みんなの税ツール @かいけいセブン」の管理人であるTN kaikei7様よりご連絡、アドバイスを頂き、これからご紹介する手順8の説明に誤りがありましたので、記事の訂正をさせていただきます。また新たに手順9-1を追加させていただきました。
ご覧いただいている皆様に誤解を招く説明となってしまったことをお詫び申し上げます。ご指摘いただいたTN kaikei7様ありがとうございました。

シミュレーションの条件

具体例として国税庁の「平成30年分年末調整の仕方」内のP62にある設例1の鈴木さんのケースに条件を加え、ふるさと納税の上限額の計算の方法を行っていきます。

参考 平成30年分年末調整の仕方(PDF)

シミュレーション条件
  1. 年間給与総額…5,870,000円
  2. 同上の給与に対する徴収税額…140,523円
  3. 控除した社会保険料等(給与控除分)…836,874円
  4. 支払った一般の生命保険料のうち旧生命保険料分…50,200円
  5. 支払った個人年金保険料のうち新個人年金保険料分…56,000円
  6. 支払った損害保険料のうち地震保険料分…45,000円
  7. 一般の控除対象配偶者(所得金額なし)…あり
  8. 一般の控除対象扶養親族 …1人
  9. 太陽光発電の売電額…600,000円
  10. 太陽光発電の必要経費…200,000円(減価償却費、パワコンの電気代、支払利子など)
  11. 年末の住宅ローン残高…30,000,000円

9~11の条件を付け加えました。

鈴木さん家族はご主人の鈴木さんと専業主婦の妻、そして子ども1人(16歳~18歳の高校生)の3人家族、のようです。

具体的な手順

手順1
この部分をクリックして、計算ツールを起動させます。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順2
住所の選択」の「標準税率」のタブから、お住まいの自治体を選択してください。また「詳細モードで入力」を選択します。住民税の税率は、自治体によって異なる場合がありますので、それも考慮されたシミュレーションが可能です。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順3
詳細モード用で「給与とその他(この場合、太陽光発電の雑所得)」、「ふるさと納税の限度額と自己負担額」を選択します。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順4
詳細モード①で本人の「①年齢」、「②年間給与総額(給与支払額)」、「③ボーナスの金額」を入力。
給与以外の収入の「副業/臨時収入」でひらくを選択します。
その下「該当する収入/所得」で「⑤雑所得」を選択した上で、「総収入金額」には売電金額を、「必要経費」には売電に掛かった必要経費額を入力します。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順5
配偶者および扶養者に関する情報を入力します。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順6
詳細モード②の控除額を入力します。特に難しい点はないかと思います。寄付金控除には金額を入力せず、「ふるさと納税シミュレーターを下の方に開く」をクリックしてください。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順7
住宅借入金特別控除額を入力します。この設例の場合、年末住宅ローン残高3,000万円×1%で30万円と入力しました。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順8
ふるさと納税シミュレーター」にふるさと納税の限度額が表示されました。鈴木さんの条件では自己負担2,000円となる限度額は65,000円であることが分かりました。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順
手順9-1

先ほどの限度額65,000円を「所得控除」欄に入力してみました。65,000円のうちふるさと納税によって控除される税額は56,500円となり、自己負担額は8,500円(2,000円+6,500円)になっていることが分かります。

この鈴木さんのケースの場合、住宅ローン控除が上限まで達しており、引ききれない部分が発生するためです。この自己負担額8,500円より金額が大きくなる返礼品を選べば、家計への負担は減少することになります。仮に65,000円のうち50,000円を先ほどの小山町へふるさと納税した場合、返礼品は20,000円のギフト券となりますので、これだけで差引11,500円の軽減となるわけですね。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順

手順10
ふるさと納税する金額」に、先ほどの65,000円を入力すると、検算式やグラフで確認することもできます。
ふるさと納税の控除上限額を知るためのシミュレーション手順

以上がシミュレーションの手順です。非常に簡単に上限額を知ることができますし、さらに作成したデータも保存する機能もあります。

このシミュレーションを利用による損害等について、当ブログでは一切責任を負いません。必ず自己責任での利用をお願いします。

最後に

賛否両論ありますが、私も今年は、冒頭でも触れた静岡県小山町にふるさと納税をしてみました。返礼率は40%です。

静岡県小山町へのふるさと納税

イメージとしては翌年の6月以降の住民税のうち25,000円を自己負担が2,000円で納税したのと同じことですが、返礼品として1万円のギフト券が貰えますので、普通に住民税を納める場合と比べて8,000円得することになります。

さらにふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」では12月から利用者にはAmazonギフト券2%がプレゼントされますので、ふるさと納税の際にクレジットカードを使えばさらに1%がポイント加算、あわせて43%と驚異の返礼率を誇ります。

源泉徴収票が手元に届くのは、多くの方が今月の給料(または賞与)の支給後となるかと思います。

一方ふるさと納税は12月31日までの分が当年度の所得税の還付、翌年度の住民税の控除の対象となりますので、源泉徴収票をもらった後にふるさと納税を検討する場合、結構タイトなスケジュールとなります。

給与収入のみの場合、ふるさと納税の限度額を一覧にした表はあります。しかしこれに太陽光の売電収入や住宅ローン減税が絡んでくるとその計算は複雑になり、限度額一覧表などのようなものでは対応することが困難です。

そんな方には、ぜひ今回ご紹介したシミュレーターを利用し、ふるさと納税を検討してみるのもいいかもしれませんね。

ふるさと納税「ふるなび」公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました