不注意でフロアコーティングが摩耗、傷防止用のフェルトが仇に

閑古鳥です。

我が家のダイニングの現在の様子です。このダイニングテーブル、一条工務店群馬の展示場で使われていたもの、建て替えになる際に入れ替えのため使わなくなった家具類を工場見学の際に入札によって手に入れました。入札価格は30,010円。中古ですが物は良く、しっかりと活躍してくれています。

今回ご紹介するフロアコーティングの摩耗ですが、犯人はこのダイニングテーブルなんです。

摩耗の原因

椅子の足につけていたはずのフェルトが

いつの間にか剥がれてしまっていたのですが、子供の使っていた椅子だったので全く気が付か付きませんでした。大人の使っていたら、椅子を引いた時の感覚でもっと早めに気が付いたかもしれませんね。

この硬い椅子の足で長期間使用を続けたので、当然フローリングには傷が出来ていました、しかもかなりの重症レベルです。

フローリングの傷の状況

普段のお掃除は主にルンバとクイックルワイパーでの水拭き。ダイニングテーブルの下だったこともあり、傷には全く気が付いていませんでした。上から見た傷の箇所ですが

確かによく見ると、ナノピークスの特徴である艶がなくなっていますが、テーブルの下にもぐってみない事には分からない箇所でした。

少し斜めから見ると

かなりの傷ついているのが分かります。

さらに日が差し込んでいる時に斜めから見ると

もう一枚

フロアコーティングの塗膜に傷が入り、写真では分かりませんが、フローリングの表面が滑らかな感触ではなく、触るとザラザラしています。

物の落下で出来た傷と違って、長い時間を掛けて塗膜を研磨した様な状況になっているようでした。

取りあえず対策を

チェアーソックスを椅子に履かせました。見た目は良くないのですが、ソックスが脱げた場合には視覚的にすぐに気が付くメリットがあります。

今後の補修は?

我が家は森のしずくでフロアコーティングを施工しています。

フロアコーティング会社、森のしずくのショールームにお邪魔してきました。フロアコーティング会社には、一条工務店施主の方々にはあまりにも有名なエコプロートもあり、施工依頼業者選定にあたってはかなり迷ったところですが、比較検討した結果「森のしずく」にお願いすることにしました。

今回のようなケースの場合、他のフロアコーティング施工会社では有償での施工になると思いますが、森のしずくの場合にはその保証が手厚いのが特徴になっています。

頂いた保証書を見ると

一般生活で生じた施工場所の変異の発生に対し30年間の期間を限度とし、再施工及び補償等の実施を無償で行う事を約す。

とあります。今回の傷が一般生活で生じた傷になるのか、保証書で対象外となっている一般生活の範疇を超えた傷になるのかは分かりませんが、一度確認したいと思います。

またナノピークスは再施工が可能なコーティング剤です。こちらは以前に補修に来ていただいた際の写真です。

しっかりと養生して、まずコーティングの表面をペーパーで研磨した後、

ナノピークスを塗っていきます。塗った直後はよく見れば他の箇所と光の反射具合が異なりますが、時間の経過とともに目立たなくなった気がします。

フロアコーティングは施工時の値段だけではなく、そこから先の補償部分についても考えて施工業者を決めることも大事になるのではないかと思います。

最後に

普段あまり移動させない、動かさない家具についてはフェルトを貼っておくことでフローリングの傷防止には十分です。しかし椅子は毎日何回も引いたり寄せたりとかなり動きがある家具です。気が付かないでいるといつの間にか我が家のように傷になってしまう事もあるのでお気を付けください。

フェルトで対策している場合には定期的にチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

コメント

  1. ぼんぼん より:

    閑古鳥さんこんばんわ

    2年前くらいに閑古鳥さんから仕様一覧を頂き、
    閑古鳥さんが森のしずくさんでフロアコーティングをしている記事を拝見して
    我が家入居時に森のしずくさんで施工を依頼しました。

    我が家も入居後早速フェルトで傷が付きました。
    閑古鳥さんとは逆にフェルトに固い異物が入っていて、それを引き摺り
    同じような傷になりました。
    入居して一年くらいになるので、その他の傷もあるので
    連絡してみようかなと考えています。
    どの程度まで補修して頂けるのか、依頼時に写真などを送付して
    事前確認など行いましたでしょうか?

    • 閑古鳥 より:

      ぼんぼんさんこんばんは(^^)
      森のしずくでフロアコーティングされたのですね、記事をご覧くださりありがとうございました。
      補修については専門家ではないので詳しく分かりませんが、傷が出来た状況から考えると我が家が以前補修してもらった際と同じようになるかと思います。補修をお願いする際には写真と傷がついてしまった場所をメールでお伝えしておけばいいかと思います。傷の様子が事前に伝わっていた方が色々な面でスムーズにいくと思います。
      また新規のコーティングの方の予定がぎっしり入っていると思いますので、場合によると補修時期まで時間を要する可能性もありますがこればかりはどうしようもありませんね(^^;

  2. ぼんぼん より:

    閑古鳥さんこんばんわ
    早速森のしずくさんにコンタクトをして今週の木曜日に来ていただけました。
    細かい擦り傷は今回補修出来ませんでしたが、それ以外は補修出来ました。
    擦り傷は補修は出来ないと担当の人が言っていたので
    多分再施工になるのでしょうね。
    埋めて補修は結構深い傷で無いと駄目だと言っていたそうです。
    (平日なので妻が対応しました)

    • 閑古鳥 より:

      ぼんぼんさんこんにちは(^^)
      補修情報ありがとうございます。以前に再施工した際の写真ですが、これは当初のコーティングの施工不良に伴う再施工のものです。
      再施工となると時間が掛かるので後日という事になるのでしょうかね。あらかじめその辺りのことも打ち合わせしておく必要があるのかもしれません。
      施工不良も対応してくれないコーティング会社もあるようですから、保証で謳われているように再施工をしていただけるのは今後を考えれば非常に安心できる重要な要素であることには違いなく、やはり森のしずくで施工して良かったなと個人的には思っています。