• Web内覧会
    【Web内覧会・第17回】 ダイニングその1 ダイニングテーブルを置くのに必要な部屋の広さ
    2015年9月23日
  • 一条工務店オリジナル太陽光システムシミュレーション 太陽光発電
    性能劣化は何%?発電開始から二年経過した我が家の一条工務店ソーラーパネル
    2017年9月18日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第32回】 セカンドリビングその3 セカンド洗面台 二階に水廻りを持つメリット
    2015年11月27日
  • フロアコーティング
    フロアコーティング「森のしずく」のショールームに行ってきました、一条工務店物件向けのサービスもあります
    2015年6月29日
  • 家の値段・坪単価
    一条工務店i-smartの建築費用はいくら掛かったのか、我が家の総額を公開します
    2015年8月9日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第26回】 バルコニーは広さだけではなく、他にも考えておけばよかったと後悔した点
    2015年10月25日
  • ハニカムシェード
    6尺の掃き出し窓のハニカムシェードが大きく傾く故障が発生、自分で修理が出来るのか挑戦してみました
    2017年5月20日
  • 太陽光発電
    既に売電をしていても手続きが必要な「太陽光みなし認定」って何?怠ると大変なことに
    2017年7月8日
  • 二世帯住宅
    一条工務店i-smartで共有二世帯住宅建築に必要となる費用は、単世帯の価格と比較してみました
    2017年9月6日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第51回】予算がなくてDIYした庭、2年経過後の様子をビフォーアフターでご紹介します
    2017年6月8日

20160801ec

閑古鳥です。今日は冒頭から(私にとっては)結構ショッキングな画像からスタートです。

引渡しからちょうど一年が経過しましたが、こともあろうかハイドロテクトタイルが貼られている外壁サイディングが破断し落下していました(^^;

営業さんにお話を聞くと、我が家以外にも同じことが発生したお宅もあるとのことでしたが、私自身はこれまでブログ等で見かけたことはありません。

先日補修まで終了しましたので、記事にさせていただきました。

発見のきっかけ

皆さんご存知の一条ブロガーのさすけさんの指摘に端を発して、現在その対応が注目されているネズミ問題ですが、この記事が発表されたのが6月上旬のこと。

【閲覧注意】誰にでも起こる!一条工務店の家にネズミやコウモリ侵入し放題の欠陥...
こんにちは。さすけです\(^o^)/ 本日の話題はかなりショッキングな内容を含んでいます。ショッキングですが、…

私もこれ以降、家の外周部分についてはそれまでよりマメに点検するように心がけていました。7月に入り外周の水切りを下からじっくりと見ていた時にこの破断に気が付いたのです。

この部分は目線の高さからは見えない位置にありますので、かがんで水切りを見ないと発見は出来ない場所になります。

建築中の様子

破断したのは一番下のタイルの裏側のサイディングです。

今回破断が見つかった部分の上棟直後の写真がこちらです。この時点では破断したサイディングはまだ設置されておらず、白い透湿防水シートが貼られているだけです。

(冒頭の写真はフラッシュをたいて撮影していますので、タイルが白く映っていますが実際に破断した場所に貼られているのは黒色のタイルです。)

2016080101

フィリピンにあるHRDの工場から出荷された外壁は一番下の部分のサイディング及びハイドロテクトタイルが貼られていない状態で日本に運ばれてきます。

参考までに、工場見学で壁の構造を実際にご覧になった方はご存知かもしれませんが、外壁の構造は次のような構造になっています。

2016080102

(出典:一条工務店、外断熱+内断熱より引用)

今回破断が見つかったのは上の赤丸の外壁サイディングの部分になります。

破断の理由

この破断に関しては施工途中にサイディングを傷つけてしまったのが原因のようです。

その結果、傷もしくは割れてしまっていた外壁サイディングが一年後に何らかの原因で下に落ちてきたと考えて間違いなさそうです。実際に現場を確認してくれた営業さん、修理に来たタイル屋さんともにお聞きしてみたところ同じ見方をしていました。

補修の様子

破断したサイディングの面積が小さい事もあり、その上に貼られていたタイルはしっかりと接着している状況で、特に今すぐ何か起きるような感じには見られませんでした。

ただ現場を見て頂いたタイル屋さんは、破断した部分のカットだけではタイルを支えているサイディングがなくなることで将来タイルの脱落が心配とのことでした。

結局タイルを二枚ほど剥がしてその裏を補強する対策を取ることになりました。

タイルはサンダーで切り剥離していきました。

2016080103

こちらがタイルを剥がした後の破断した箇所になります。

2016080104

サイディングは割れてから長い時間をかけてここまで落ちてきたようで、力を入れてもまったく動きませんでした。

私は建築について素人ですからよく分かりませんが、建築中についた傷による落下であればサイディングは簡単に上に持ち上げられるのではないかということです。力を入れても容易に上に持ち上がらないということは、この部分に何か分かりませんが強い力が加わったことによる破断の恐れはないのか、若干心配ではあります。

サイディングの下部の水平面から飛び出した部分だけをカットし、コーキングを塗り、パテで隙間を綺麗に埋めていきます。

2016080105

そして固まるのを待って約2時間後にタイルを貼り補修は終了しました。

2016080106

最後に

すぐに対応しなければ何かマズイことになるわけでもありませんので、営業さんには写真を添付してメールで連絡をしました。営業さんからは電話を頂き一度現状を見に来てもらった上で、タイル屋を手配していただき今回の補修となりました。

この手の問題については起きてしまったことは仕方ありませんし、その際に最善の対応をしていただければ問題は無いかと私は考えています。

ただし同様のことが他のお宅で発生しているとすれば、これは一条工務店が会社組織としてその問題点などを早急に共有化し対策にあたることは必要だと思います。

住み心地・掃除の関連記事
  • 初めての壁紙の隙間の発見とその補修について
  • 知っておけば結露対策に役立つ絶対湿度と相対湿度の違い
  • 加湿器の運転前に知っておくと役に立つ家の中の水蒸量の変化
  • ハニカムシェードが故障しました その原因と修理方法について
  • 外壁サイディングが破断して落下、発見から補修の様子まで
  • 全館床暖房運転開始、気になる電気代は、室温の変化は?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事