• 電気代
    【2017年9月分の電気代】再熱除湿+ロスガード90の効果で蒸し暑い夏も快適に
    2017年9月12日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第5回】実はオプション満載だった階段下物入れ
    2015年8月6日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第18回】 ダイニングその2 スリットスライダー
    2015年9月25日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第26回】 バルコニーは広さだけではなく、他にも考えておけばよかったと後悔した点
    2015年10月25日
  • オプション
    本当は付けたかったあのオプション、後付けするとHow much?
    2017年4月26日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第40回】 フロアコーティング「森のしずく」でエコカラットを施工しました
    2016年2月19日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第31回】 セカンドリビングその2 室内の様子と前回ご紹介が漏れたセカンドキッチン吊戸棚の照明
    2015年11月19日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第32回】 セカンドリビングその3 セカンド洗面台 二階に水廻りを持つメリット
    2015年11月27日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第19回】 ダイニングその3 他社も真似する便利なリモコンニッチ
    2015年9月26日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第42回】 フロアコーティング「森のしずく」で施工したエコカラット その3
    2016年2月24日

20160629ec

閑古鳥です。7月のフラット35の金利が発表されています。史上最低金利の更新はある程度予想できましたが、正直ここまで下がってくるとは思いませんでした。その7月のフラット35の金利を見てみましょう。

2016年7月のフラット35金利は

本日足利銀行のHPに7月1日以降のフラット35の適用金利が発表されました。

参考 ローン金利一覧(次回適用金利、月末頃~月末までの期間のみ閲覧可能)

それによると来月7月実行分のフラット35は6月実行分と比べて0.14%の低下となりました。

融資比率9割以下では20年以内で0.14%、21年以上で0.17%と大幅に低下しました。

融資比率9割以下 20年以内 0.85%、21年以上 0.93%

融資比率9割超  20年以内 1.29% 21年以上 1.37%

フラット35Sの場合、9割以下で20年以内の方は当初5,10年が0.55%、21年以上でも0.63%と変動なみの金利が適用となります。

さらにフラット35S0.6%優遇の申込をされていた場合には0.25%、0.33%と驚愕の金利が適用になる方ももしかしたらいらっしゃるのかもしれません。

いずれにしても7月実行組の皆さま良かったですね(^^)

長期金利の推移

長期金利の指標となる日本国債10年物の3か月間のチャート(日足)を見てみます。

2016062901

(出典:SBI証券日本国債10年物)

7月の住宅金融支援機構債券の発行条件が発表された6/16に10年物の国債利回りは-0.2%と最低を更新しました。その後一旦上昇したもののご存知の通りイギリスがEUからの離脱を選択したことで、世界経済の先行きに対する不透明感が高まり、比較的安全とされる日本国債が買われていること、さらに今日は追加緩和が避けられないとの見方や、日銀の買いオペでの需給の良さが確認されたことで利回りは一時-0.24%まで低下しています。

先日の機構債の発見条件が発表された後に一層金利が低下したことから、フラット357月の適用金利は予想より低い金利となったようです。

7月の住宅金融支援機構債券の発行条件が発表されました。7月のフラット35金利は?
2016-06-16 22:09
閑古鳥です。 フラット35の借入からまもなく一年となり延滞もなかったので、金利次第ではそろそろ借換えも視野に入れて検討が必要な状況になってきました。一年ぶりとはなりますが借り換えに...

最後に

ちょうど一年前にフラット35Sを借りた私のケースでも完全に借り換えでメリットが出る適用金利となってきました。

フラット35の金利が史上最低、フラット35Sの0.6%優遇を捨てても借り換えすべきか
2016-05-06 17:06
閑古鳥です。今日は久しぶりに住宅ローンについて考えてみます。私がフラット35の実行をしたのは昨年7月、フラット35は延滞が無く、借入日から一年経過すれば借り換えも可能です。 融資実...

ちなみに私が借りた昨年7月のフラット35の適用金利は1.61%(当初10年は1.01%)でしたので、一年間で0.68%金利が下がったことになります。借換え手続きは書類を揃えたりと色々手間ですが、100万円以上メリットが出るので準備に取り掛かろうかと考えています。

住宅ローンの関連記事
  • 住宅金融支援機構債券の発行条件が発表されました 1月のフラット35金利と0.25%の新優遇措置について
  • i-smartのオプション一覧表のマイナーチェンジについて
  • 8月の住宅金融支援機構債券の発行条件が発表されました。8月のフラット35金利は?
  • フラット35Sの金利引き下げ幅拡大が間もなく終了、住宅ローンに迷っていたら急いで仮審査の手続きを。
  • 金利上昇リスクを軽減するために理解しておきたい変動金利型住宅ローンの仕組み
  • 2016年8月のフラット35は史上最低金利をさらに更新

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事