20150109ec

こんばんは、閑古鳥です。

昨日国土交通省から住宅エコポイントの制度概要の発表が行われました。それによると一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度だそうです。

省エネ住宅に関するポイント制度について - 国土交通省

詳しくは上記国交省のHPに詳細のPDFがあります。関係するところを抜粋していくと

対象住宅

エコ住宅の新築…自ら居住することを目的として新たに発注(工事請負契約)する新築住宅。

対象期間

①事請負契約

平成26年12月27日(閣議決定日)以降の工事請負契約を対象とし、予算の執行状況に応じ締め切ります。なお、工事請負契約には既存の契約の変更を含みます(ただし、建築着工又は工事着手前のものに限る)。

②建築着工・工事着手

「①工事請負契約」から平成28年3月31日までの間に、エコ住宅の新築に建築着工(根切り工事又は基礎杭打ち工事の着手)し、予算成立日以降に工事完了するものであって、別途定める期間内に完了報告が可能なものを対象とします。

エコ住宅の新築タイプ

木造住宅…断熱等性能等級4の性能を有する住宅。品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4の性能を有する住宅。

i-smartは断熱等性能等級4となっていますからエコ住宅の対象となります。

発行ポイント数

エコ住宅の新築の発行ポイント数…1 戸あたり、300,000 ポイントが発行されます。

 ポイント交換

ポイントの交換方法としては商品交換・即時交換が選べるようです。

商品交換

ポイントを利用して交換できる商品については、以下のようなものを中心に選定する方針予定のようです。
・ 省エネ・環境配慮に優れた商品
・ 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)
・ 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)

即時交換

エコ住宅の新築の即時交換
ポイントを充当することにより住宅の質の向上を図るため、エコ住宅の新築によって取得したポイントを、当該新築工事を行う工事施工者が追加的に実施する工事及びグレードアップ工事の費用に充当できるものとします。

注意点

省エネ住宅に関するポイント制度については、平成26年度補正予算の成立を前提なっており、正式には、国会での審議を踏まえ、制度として創設されますので、上記の内容は変更される可能性があります。

我が家の場合

上記内容から判断すると利用できる可能性があるようです。我が家は一条工務店との建築工事の請負契約を昨年6月に締結しています。しかしこの契約はあくまでも参考図面に基づいた請負金額によって締結したものであり、その後も請負金額の変更により一度「追加・変更工事請負契約」を結び直しています。すべての金額が確定した時点で最終的に「追加・変更工事請負契約」の締結が行われると思われます。従って上記に工事請負契約には既存の契約の変更を含みますと書いてある事から「追加・変更工事請負契約」が12月27日以降に行われば対象になるのではないかと勝手に解釈しています。

フラット35の金利優遇幅拡大についても発表がありました

それによると

フラット35Sの金利引下げ幅の拡大

昨年報道されていた通りフラット35Sについて、当初5年間又は10年間の金利引下げ幅を現行の0.3%から0.6%へと拡大されます。1月実行金利で考えると期間21年以上融資比率9割以下の最低金利1.47%は当初5年、又は10年間0.87%になります。

フラット35(買取型)の9割超融資の金利引下げ

フラット35(買取型)の9割超融資について、9割以下融資に上乗せされている金利の引下げが実施されます。現行0.44%上乗せされていた金利が0.31%引き下げられ0.13%の上乗せに変更されます。従って1月実行の最低金利で考えると期間21年以上、融資比率9割超の金利は1.91%から1.60%に引き下げられます。

住宅融資保険の保険料率を引き下げ

2015011001

民間金融機関の住宅ローンが事故となった場合に民間金融機関に保険金を支払う住宅融資保険について、保険料率の引下げが実施されます。上図を見ても分かる通り、民間金融機関が住宅金融支援機構に支払うコストが削減されることから、これが金利に反映されると金利が下がることにつながります。

以上フラット35関連も見てみましたが、適用される時期等は発表されていませんので推移を見守りたいと思います。

コメント一覧
  1. もやし より:

    こんにちは、もやしです。
    うちも昨年9月に本契約なので「対象外かよ」って思っていましたが、変更を含むといった部分に期待しています。
    お互い適用されるといいですね。

    • 閑古鳥 より:

      こんばんは^^
      微妙な表現の方法なのでどうにでも解釈できそうなのですが、適用されれば良いですよね。
      1/19から説明会も全国で行われるようですから、その後はっきりとするかもしれません。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

住宅ローン, 雑記の関連記事
  • フラット35の金利表示には要注意、機構団信の10月からの大きな制度変更について
  • 住宅ローンの繰り上げ返済シミュレーションをエクセルで作成してみました
  • 住宅ローン金利は変動と固定どちらを選べばいいのか迷っているあなたへ
  • おすすめの住宅ローンシミュレーションとエクセルのシミュレーションの落とし穴
  • 「店頭表示金利」、「適用金利」の違い、わざわざ2つの金利表示をする理由
  • 2015年5月のフラット35金利は2か月ぶりに低下へ

Twitterでフォローしよう