2016年6月分の電気料金請求額 共有二世帯住宅の電気代

20160608ec

閑古鳥です。6月分の電気代請求額が確定しました。

契約基本情報

契約種別 電化上手、10kVA(基本料金2,160円)

料金単価(単位:1kWh)

  • 昼間(10時~17時)38.63円(夏季:7/1~9/30)、31.63円(夏季以外)
  • 朝晩(7時~10時、17時~23時)25.92円
  • 夜間(23時~7時)12.16円

家族構成 二世帯6人(親世帯2名、子世帯4名)

電化上手の新規受け付けは2016年3月末で終了しています。これから東電のオール電化向け料金プランはスマートライフプランになりますが、料金体系がかなり違いますので、ご覧いただく際にはご注意ください。

電化上手とスマートライフプランの異なる点、電気料金の比較などはこちらの記事をご覧ください。

我が家では東京電力のオール電化住宅向けの電力プラン「電化上手」を利用しています。現在利用可能な「スマートライフプラン」の意外な落とし穴である基本料金の設定方法、両者の比較シミュレーションを通じて、その特徴を理解しておきましょう。

6月分の電気料金

請求書上は6月の電気代なのですが、電気料金の請求期間としては5/10-6/7までの29日間となっています。我が家の場合、検針が月初となっている関係から、請求月と実際の使用期間にかなりのズレが生じています。

電気料金

2016060801

この請求期間の電気料金は10,638円となりました。前月と比較し2,102円減少しました。

2016060802

検針期間が違うので料金の単純比較はできません。一日当たりの電気代は5月分が386円、6月分が367円になります。思ったほど料金は下がっていない気がします。

電気使用量

電気使用量は471kWh106kWh減少しました

2016060803

一日当たりの使用料で比較すると

2016060804

1.8kWhほど減りました。しかしながら昼間の使用料は0.2kWh増加してしまいました。

今回の請求期間の平均気温が20.5℃と前回請求期間より4℃上昇しました。5月下旬は4回ほど最高気温が30℃を超えたことから早くも冷房を使っています。

共有二世帯住宅の電気代の下限

今月、来月が電気代のそこになると思います。9月からのデータを見ていくと一日当たり15kWhが前後が電気代の底になっています。

2016060805

共有二世帯住宅の電気代の平均が一体どの位になるのか皆目見当がつかないので、我が家の実績が高いのか安いのか判断に困るところです。他HMのリフォーム実績に7人の二世帯住宅の電気料金の実績がありましたので参考にさせていただきました。

人数を勘案してデータを比較すると、ほぼ同じくらいの電気代になっている感じです。二世帯住宅の月額電気代としては一万円くらいが下限になるようですね。