7月の住宅金融支援機構債券の発行条件が発表されました。7月実行予定の私のフラット35金利はこうなる?

20150617ec

こんばんは、閑古鳥です。

本日7月の住宅金融支援機構債券の発行条件が発表されました。7月実行予定の私としては一番気になる機構債の発表となりました。結果はどうだったのでしょうか?

最近の長期金利の動向

現在の日本国債10年物のチャートから見てみます。これまでと同じく3か月間の日足チャートに一目均衡表とよばれるテクニカル分析を表示したものです。

201506170101

5月中旬に世界的な債券相場の下落を受けて一時0.47%をつけました。その後一旦上昇したものの6月5日の米国の雇用統計が市場予想を上回り、債券相場は大幅安となりました。

この雇用統計発表時のドル円相場をリアルタイムで見ていましたが、ローソク足が上に飛んだ瞬間、「終わった~」と思わず呟きました。

一方こちらは5年間の国債10年物のチャートです。

2015061702

5年間の長期のチャートをみるとダウントレンドのなかの戻りなのか、トレンドが転換しているのか判断が難しいところですが、ローソク足は現在薄い雲の中を通過中です。

7月のフラット35はどうなる

7月の機構債の発行条件

7月の機構債は先月6月と比べると0.07%上昇しの0.90%となりました。今回の機構債の条件は

表面利率(0.90%)=ローンチスプレッド(0.41%)+条件決定時の新発10年国債利回り(0.49%)

となっています。

参考 貸付債権担保第98 回住宅金融支援機構債券発行条件(PDF)

参考 既発債情報:住宅金融支援機構

既発債情報をご覧いただければ分りますが、機構債が0.9%台をつけたのは昨年10月の第89回機構債の0.95%以来となります。

7月のフラット35の金利は?

89回から今回98回の機構債の利率とフラット35の金利は次の様な状況で推移してきました。

条件発表日 機構債表面利率① ローンチスプレッド 条件決定時の新発10年国債利回り フラット35金利② ②-①
89回 9月19日 0.95 0.38 0.57 1.65 0.70
90回 10月23日 0.87 0.38 0.49 1.61 0.74
91回 11月21日 0.84 0.38 0.46 1.56 0.72
92回 12月17日 0.74 0.38 0.36 1.47 0.73
93回 1月21日 0.60 0.38 0.22 1.37 0.77
94回 2月20日 0.80 0.40 0.40 1.47 0.67
95回 3月17日 0.81 0.40 0.41 1.54 0.73
96回 4月22日 0.74 0.42 0.32 1.46 0.72
97回 5月22日 0.83 0.42 0.41 1.54 0.71
98回 6月17日 0.90 0.41 0.49

この表の右列の②-①が機構債とフラット35のここ10回の差となっている事から、これに当てはめてみると7月実行のフラット35の金利予想としては1.57~1.67%位になるのではないかと思われます。(なおこの予想値は過去のデーターを当てはめただけのものであり、実際に発表になる利率とは異なります。これによって生じる結果についてはいかなる責任も負えませんのでご了承ください)

フラット35の金利構成要素についてはこちらの記事をご参照ください。

一条ローンのフラット35(i-flat)取扱いによる収益はいくら?
こんばんは、閑古鳥です。 以前記事にも書いた一条ローンが取り扱いをしているフラット35(商品名i-flat)について考えてみた...

なんてこったい(笑)

これまで随分と機構債、フラット35の金利を記事にしてきましたが、肝心の自分の実行月は大幅上昇となりそうです。気を取り直して自分への慰めを

  1. 家づくりを検討していた時のフラット35は1.8%台でした。下がって良かった^^
  2. フラット35Sの優遇幅が0.3%から0.6%に拡がって良かった。

とプラス思考で考えておきましょう。

コメント

  1. カーチャン より:

    何やら難しくて理解できませんが(笑)、金利が上がるのは阻止できないようですね。(T_T)

    最低金利(2月でしたっけ?)からの金利上昇分の増額より、35Sの金利優遇による減額分が大きければ良いなぁ〜。

    うちは、8月実行になりそうです。
    さらに上がるかな〜!?;^_^A

    • 閑古鳥 より:

      こんばんは~^^ご無沙汰しております。
      今年の1月が長期金利の底だったという見方をしている専門家の方もいらっしゃいました。これから先の金利は誰にもわかりませんが、8月は下がるといいですね。
      2月の実行金利を見てしまっていますので、どうしてもそれとの比較をしてしまうと損した気分になるから不思議なものです。