オプション一覧表ご希望の方はこちらから

2015年6月のフラット35金利は再び上昇

20150208ec

こんばんは、閑古鳥です。

来月のフラット35金利は

足利銀行のHPで6月1日以降のフラット35の適用金利が発表されました。

参考 ローン金利一覧(次回適用金利)

それによると来月6月実行分のフラット35は5月実行分と比べて0.08%の上昇となりました。

今回は20年以内、21年以上ともに0.08%低下しました。

融資比率9割以下 20年以内 1.31%、21年以上 1.54%

融資比率9割超  20年以内 1.44% 21年以上 1.67%

4月のフラット35と同じ金利となりました。

89回から今回97回の機構債の利率とフラット35の金利は次の様な状況で推移してきました。

先日の記事で取り上げた機構債とフラット35の金利の比較表で見ると

条件発表日機構債表面利率①ローンチスプレッド条件決定時の新発10年国債利回りフラット35金利②②-①
89回9月19日0.950.380.571.650.70
90回10月23日0.870.380.491.610.74
91回11月21日0.840.380.461.560.72
92回12月17日0.740.380.361.470.73
93回1月21日0.600.380.221.370.77
94回2月20日0.800.400.401.470.67
95回3月17日0.810.400.411.540.73
96回4月22日0.740.420.321.460.72
97回5月22日0.830.420.411.540.71

ほぼ想定内の金利になった気がします。

10年物国債の利回りの推移

今日現在のチャートを見てみましょう。

 

2015052702

6か月間の日足チャートに一目均衡表とよばれるテクニカル分析を表示したものです。0.3%から0.45%の間のレンジで推移しています。陰転中の雲の先行スパン2(0.38%辺り)が支持線となっている状態です。

私のフラット35の実行は7月となります。あと一か月、長期金利の指標となる10年物国債の利回りはどのような動きをするのでしょうか。外国為替市場で急激な円安が進んでいるのも気になる所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*