オプション一覧表ご希望の方はこちらから

「フラット35S」引き下げ幅▲0.6%拡大実施日が決定

20150203ec

こんばんは、閑古鳥です。

フラット35のHPによるとフラット35Sの金利優遇が0.3%から0.6%に拡大される実施日が発表となっています。

住宅金融支援機構は、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び平成27年2月3日に成立した平成26年度補正予算を踏まえ、平成27年2月9日以降に資金をお受取になる方から以下の制度拡充を実施します。(フラット35HPより引用)

拡充される制度は金利優遇拡大を含む以下の3点です。

フラット35関係

①フラット35Sの当初5年、又は10年の金利引き下げ幅をを0.3%から0.6%へと拡大

2月9日以降実行となるフラット35Sの金利でみると当初5年または10年が

融資比率9割以下 融資期間20年以内 0.5%、21年以上 0.77%

となります。住宅ローン減税分を考えると利息貰ってお金借りている状態ですね。

②フラット35(買取型)の9割超融資については現在の9割超融資の場合と比べて上乗せしている金利を引き下げ

住宅融資保険関係

③金融機関の住宅ローン貸出しに対する公的な信用保険である住宅融資保険の保険料率を0.15%程度まで引き下げ

すべての制度とも平成27年2月9日に資金受取りから適用、平成28年1月29日の申込み分までが制度拡充の対象となるようです。(ただし、予算金額に達する見込みとなった場合はそれ以前でも受付終了となります)

なお以前の記事に制度の内容について触れておりますので併せてご参照ください。

余計なお世話ですがi-flatについても考えてみました(笑)

2 Comments

マリオ

閑古鳥さん、いつも参考になる記事をありがとうございます。我が家は昨日着手承諾をし、住宅ローンはi-flatにしようかと考えています。事務手数料の安さは申し分ないのですが、つなぎ融資はみずほ銀行を使うそうです。金利がものすごく高そうです。優良住宅ローンのつなぎ融資の金利はフラットの金利と同じということでよろしいのでしょうか。そうであれば、とても安いと思うのですが。

返信する
閑古鳥

マリオさんこんばんは^^着手承諾ご苦労さまでした。
優良住宅ローンのつなぎ融資の利率はフラット35の融資比率9割以下の金利が適用されます。今月の実行のつなぎ融資の金利だと1.47%です。
みずほ銀行ののHPを見ると金利は3.675%の様ですから融資手数料が分れば総額比較できますので、営業さんにお聞きしておいた方が良いかと思います。
またつなぎ融資に団信がついていますから、別途生命保険に入る必要がありませんのでそこも比較する必要がありますね。(優良住宅ローンのつなぎ融資には
団信がありません)この辺を加味するとあまり差が出ないかもしれませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*