• Web内覧会
    【Web内覧会・第11回】 キッチンその1 採用して正解だった水ほうき水栓
    2015年9月1日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第23回】 リビングその3 我が家のソファのご紹介
    2015年10月11日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・番外編その2】打合せ中の方必見!我が家の失敗点の数々をまとめてご紹介
    2016年3月3日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第29回】 寝るためだけに存在する狭い主寝室
    2015年11月14日
  • オプション
    本当は付けたかったあのオプション、後付けするとHow much?
    2017年4月26日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第34回】 子供部屋 二部屋を建具で仕切るデメリット
    2015年12月21日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第10回】 1.5帖の一階トイレ、タンクありを選んだ理由とは?
    2015年8月29日
  • オプション
    【一条工務店i-smartオプション一覧表更新】リモコンニッチsaの追加費用と上手に使ってスペースの有効活用
    2017年6月15日
  • Web内覧会
    【Web内覧会・第40回】 フロアコーティング「森のしずく」でエコカラットを施工しました
    2016年2月19日
  • 電気代
    【2017年9月分の電気代】再熱除湿+ロスガード90の効果で蒸し暑い夏も快適に
    2017年9月12日

こんばんは、閑古鳥です。

住宅ローン二回目はフラット35について考えてみることに。

フラット35のメリットは

①35年もの長期にわたって固定金利で住宅ローンが組めること。

民間金融機関でも長期の固定金利の取扱いはありますが、金利はフラット35に比べると高いことが多いです。(銀行はここまでの金利変動リスクを取ることは難しいですよね。)フラットでしたらリスクを負うことなく住宅金融支援機構に債権を売却するだけの簡単なお仕事で、手数料商売が出来るわけです。

②固定金利ですから、返済終了まで毎月の返済額は一定。

返済額が変わりませんから、生活設計がしやすくなります。

③保証料・保証人が不要。

④繰り上げ返済手数料が無料。

従来100万円からの繰り上げ返済が10万円から可能になるようです。詳しくはこちら↓

[browser-shot width="200" url="http://www.jhf.go.jp/topics/topics_20140627.html"]

デメリットとしては

①団体信用生命保険料が別途必要

残債1000万円あたり35,800円。(民間金融機関は団信の費用は銀行が負担などと謳っていますが、そもそも銀行は損する商売はしませんのですなわち金利にちゃっかり上乗せしているのが真相です)

②融資決定まで時間がかかる

まぁ担当者の事務処理能力にも寄りますが(銀行にも仕事できない人は当然います・・・)、大抵2週間から1か月は承認まで時間が掛かるものとして準備した方がよいです。

③金融機関は勧めたがらない

これはデメリットとは違うかもしれませんが、銀行は自行の住宅ローンを融資した方がが儲かりますので、全般的に消極的です。やたらと変動型のローンを勧める担当者が多かったりします。勧める(推進する)のは銀行にメリットがあるからで、客のメリットとは言い難い場合も多いと思いますので、よーく考えた方が良いと思います。

以上がメリットデメリットでした。

また同じフラット35でも金融機関によって、手数料が違いますので検討する際には、団信の手数料を含めた総額で検討しなければなりませんね。7月の金利を見ると1.73~2.34%と大分開きもあります。

SnapCrab_NoName_2014-7-23_0-9-21_No-00

B銀行やる気なさすぎです。HP見ても一見するとどこにフラット35の商品が紹介されているのか分りません。

総支払額の差、358万円って車買えるな~。

住宅ローンの関連記事
  • フラット35の機構団信が10月より大幅な制度変更を実施、保険料率も引き下げへ
  • 住宅ローン事前審査申込み
  • おすすめの住宅ローンシミュレーションとエクセルのシミュレーションの落とし穴
  • フラット35だけではない、民間住宅ローンの全期間固定金利という選択肢
  • 「店頭表示金利」、「適用金利」の違い、わざわざ2つの金利表示をする理由
  • 住宅ローン金利は変動と固定どちらを選べばいいのか迷っているあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
電気設備図面
閑古鳥です。 前回に続き電気図面を見ていくことにします。前回の記事はこちらです。 過去記事 電気設備図面その1&電気図面記号 今日は一階水廻...