オプション一覧表ご希望の方はこちらから

モーゲージバンクのフラット35を比較、住宅ローン比較サイトは本当に正確なのか?

20150210ec

閑古鳥です。

ネット上にはフラット35の比較サイトが沢山あります。私もフラット35での借入を検討していた時には色々なサイトを見て回りましたが、そもそも比較自体が意図的な場合や比較対象の金融機関の数が少ないなどあまりに参考にならないサイトも結構沢山ありました。口コミなどを駆使して明らかにアフェリエイトに誘導したいと思われるサイトもありますので、そこに掲載されている情報が本当に正確なのかをよく吟味して利用する必要がありそうです。

得体がしれないサイトの情報を鵜呑みにすることが無いようご自身で調べてみてはいかがでしょうか?これから私が調べてみた11月現在のモーゲージバンクのフラット35の条件についてご紹介しておきます。(この記事でご紹介している金利・手数料は私自身が調べた物を掲載していますので、間違いがある可能性もあります。自己責任でご利用ください、また検討の際はそれぞれのHPで再度確認をお願いします。)

モーゲージバンクとは

ローンの貸し出しを専門に取り扱う金融機関の事を指します。これについては下記の日本モーゲージバンカー協議会のHPに詳しく書かれています。

今回はこのモーゲージバンクが取り扱うフラット35の条件を見ていきます。上記日本モーゲージバンカー協議会の登録15社でフラット35の8割を取扱いしているそうです。

借入をした金融機関が破綻したらどうなるのか心配です…

確かに今まで聞いたことのないモゲージバンクで借り入れするのには抵抗があるかもしれません。しかしこれについては心配はありません。住宅金融支援機構のHPのQ&Aに掲載されていますが

Q 返済中の金融機関が他の金融機関と合併した場合や破綻した場合は、返済条件が変わることがあるのでしょうか。

A  フラット35の返済中にお客様が利用している金融機関が万一破綻した場合または他の金融機関と合併した場合は、取扱いの金融機関を変更していただくこととなりますが、お客様の融資金利等の返済条件が変更されることはありません。

(住宅金融支援機構HPより引用)

万一破綻しても金利等返済条件は変わりませんので安心と思われます。

 モーゲージバンクの金利・事務手数料比較

前出の日本モーゲージバンカー協議会のHPに登録されている会員会社を中心とした比較です。この中にはHPを見ても金利の記載が無い会社や特定のハウスメーカーで建てる顧客向けの会社がありますので、それは除外して調べています。

比較するのは新規借り入れで21年以上融資比率9割以内の金利・事務手数料です。また金利等の条件は2014年11月に融資が実行される分の金利、融資(事務)手数料は定率タイプでの比較となっていますのでご注意ください。

  • イオン住宅ローンサービス株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の1.7%(税別)
  • SBIモーゲージ株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)ただし最低事務手数料200,000円
  • オリックス株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 協同住宅ローン株式会社 金利1.86% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 株式会社ジェイ・モーゲージバンク 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 全宅住宅ローン株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 株式会社東京クレジットサービス 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 日本モーゲージサービス株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 株式会社ハウス・デポ・パートナーズ 金利1.61% 融資手数料 融資額の2.0%(税別)
  • 三井住友海上火災保険株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の1.542%(税込)
  • 株式会社優良住宅ローン 金利1.61% 融資手数料 融資額の0.5%(税不明 ただし住宅性能評価物件、それ以外は0.8%)
  • 財形住宅金融株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の1.666%(税不明)
  • 楽天銀行株式会社 金利1.61% 融資手数料 融資額の1.08%(税不明)

ほとんどのモーゲージバンクは11月の最低金利の1.61%となっている所が多いです。金利が同条件ならば後は融資手数料の料率が比較対象となってきます。この料率は0.5%から2.0%と様々ですが、2.0%の設定が一番多いようです。11月の条件で比較すると金利1.61%、融資手数料0.5%のモーゲージバンクが総支払額が最も少なくなります。

モーゲージバンクのフラット35つなぎ融資

ついでにつなぎ融資の諸条件も見てみましょう。

  • イオン住宅ローンサービス株式会社 金利 短期プライムレート+1.5% 融資手数料1.0~1.5%(最低100,000円)
  • SBIモーゲージ株式会社 金利3.475% 融資手数料100,000円
  • 株式会社ジェイ・モーゲージバンク 金利 短期プライムレート+1.575% 融資手数料100,000円
  • 全宅住宅ローン株式会社 金利2.9% 融資手数料100,000円 保証料0.27又は0.54%
  • 日本モーゲージサービス株式会社 短期プライムレート+1.0〜3.0% 融資手数料100,000円
  • 株式会社ハウス・デポ・パートナーズ 金利3.475% 融資手数料100,000円
  • 株式会社優良住宅ローン 金利(融資率9割以下の金利)を適用 融資手数料54,000円 加算手数料 融資額×0.4%
  • 楽天銀行株式会社 金利2.8% 融資手数料100,000円

つなぎ融資についての条件はバラつきがあります。つなぎ融資の有無も事前に確認した方が良いと思います。フラット35のHPにはつなぎ融資が利用可能か否かの記載もありますのでご確認ください。融資条件を明示していないモーゲージバンクもありますので、つなぎ融資も利用する場合には申込み前の確認が必要と思われます。

フラット35については金利・融資手数料そしてつなぎ融資を利用する場合にはその金利・事務手数料を合わせた総支払額を見ていくと、自分にとってどこで借り入れするのが一番良い条件かを比較することは容易です。 最後にこちらの記事も参照いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*