オプション一覧表ご希望の方はこちらから

住宅ローンの審査金利って何?

こんばんは、閑古鳥です。

変動金利や固定金利はお馴染みですが、審査金利ってあまり聞きません。どのようなものなのでしょうか。

審査金利って何?

変動金利や固定金利は聞いたことがある人でも「審査金利」をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

簡単に言うと金融機関が融資可能かどうかを判断する為に使用する金利の事です。すなわち変動金利で、将来金利が上昇した場合でも返済負担比率がそれぞれの金融機関が定めた返済比率の上限を上回らないか審査しているのです。

(注)返済負担率=年間返済額÷年収

審査金利はすべての金融機関で使われているものですか?

住宅金融支援機構が毎年行っている民間住宅ローンの貸し出し動向アンケート調査の平成24年度調査によると、45.2%の金融機関が審査金利で貸し出しの審査を行っていると回答しています。この調査によると貸出金利で調査を行っている金融機関も32.3%あることから、同じ申込人でも金融機関によってローン審査が通る場合と通らないケースが出てきます。

2014082002

(出典:住宅金融支援機構 平成24年度民間住宅ローンの貸出動向調査)

審査金利って何%なのですか?

分かりません(笑)しかし多くの銀行では4%を審査金利としてローンの審査を行っていることが多いようです。一説にはこれまでの最高最低金利の中間値という説もありますが定かではありません。

具体例で見ていきましょう

年収400万円の人が住宅ローン3000万円、期間35年、元利均等返済で借り入れしようとした場合

金利0.775%(貸出金利で審査)だと年間返済額は979千円、返済負担率は24.4%

金利4%(一般的な審査金利)だと年間返済額は1,594千円、返済負担率は39.8%

   となります。年収400万円だと返済負担額上限は25~30%程度かと思われます。(この返済負担額上限も公開されていませんのであくまで推測ですが)自分では返済負担率をクリアしていると思っても、金融機関が審査金利4%で審査を行っていた場合借入を断られたり、減額されたりということが起こり得ます。

審査における重要性

もっとも融資は返済負担比率だけで決まるものではありません。しかし次の図を見ていただければ多くの金融機関がこれを重視していることは容易にわかります。

2014082001

(出典:住宅金融支援機構 平成24年度平民間住宅ローンの貸出動向調査)

審査金利の適用の有無や審査金利が分かれば、借りやすい金融機関の的も絞れ楽なのですが。

最後に

資料として参考にした住宅金融支援機構の度民間住宅ローンの貸出動向調査はなかなか面白いものです。金融機関が住宅ローンという商品についてどのように考えているのかが如実に分かります。

最後にこの調査の金融機関の回答率がこれ

2014082003

(出典:住宅金融支援機構 平成24年度民間住宅ローンの貸出動向調査)

91.1%ということで都銀、労金以外は未回答のところもあるのですね。意外と非協力的(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*