20150120ec

こんばんは、閑古鳥です。

先日一条工務店提携のカーテン屋さんへ打合せに行ってきました。

 

カーテンの見積り金額

打合せ前にプランと見積もりを送って頂きました。

2015012003

カーテンプランを作っていただいたのは下の間取り図の赤い窓です。

2015012001

2015012002

気になるお値段は39万6千円(値引後、税込価格)。一条工務店提携ということで、ドレープ、レースは60%引き、レールは50%引き、シェードは40%引きとなっています。値引前の価格ですと驚愕のお値段、86万9千円でした。カーテンの予算としては20万円位しか考えていませんでしたので、あっさりと予算オーバーです。

再度見積りをしていただいたところ

そこで打合せ当日、カーテンを付ける場所を絞り、リビングとダイニングのみにドレープ、レースカーテンを付けて残りの窓についてはカーテンレールだけをつけて頂く方向で再度見積もりをしていただきました。その結果見積り額は16万5千円になりました。

そもそもカーテンは必要なのかを考え直す

ところが帰宅後参考の為色々なブログを拝見しているとヨシローさんのところにこんな記事がありました。

この記事を参考にさせて頂いた結果

①ハニカム+レースカーテンの組合せがあればLDのドレープはいらないのではないか?

②カーテンレールさえつけておけばドレープは後から部屋の雰囲気に合ったものをゆっくりと選べばよいのではないか。

これを考慮すれば10万3千円で済みそう。そもそもLDにカーテンが必要と考えたのは、お客さんが来られた際に目に付くところなので良いものを付けようと思っていたからです。そもそも夜の来客自体が確率的にかなり低く、そのために高いカーテンを付ける必要性があるのかと考えると、これからまだ何にお金が掛かるかわからない状況なので手持ち資金を少しでも残しておきたいというのが本音です。

ちなみに一階の両親の寝室は現在使用しているカーテンをそのまま使う様子。二階の主寝室、子供部屋も今の賃貸で使っている遮光カーテンを流用しようかと考えています。

(追記)Web内覧会で我が家のカーテン・ハニカムシェードについて記事にしていますのでご覧ください。

【Web内覧会・第9回】 カーテンの性能がお値段以上に素晴らしかった
2015-08-25 17:26
閑古鳥です。 Web内覧会第9回目はカーテンをお送りします。 最初にお断りしておきますが、カーテンに関してはオサレなものは全くつけておらず、ひたすら安さの追及に徹しておりま...
コメント一覧
  1. グラスママ より:

    おはようございます
     お久しぶりでございます(笑)
    うちはやはり一条さん提携の〇アスさんで見積もりをお願いしたのですが1回目と2回目の差が20万以上出たので不信感でやめました。
    家が出来上がりそれまではハニカムだけで外からの視線もカットできていたのですが、なんか寂しいなとみんなで話し合い〇装さんでいろいろお願いして付けていただきました。
    カーテンはお家ができてからのほうがいいのでは。
    図面だけではわからないのでうちは家ができ上ってからつけてもらってよかったです。
    納得のいくカーテンが付けられました。
    家ができ上ってからでも割引は聞きますし、妹は、今度家を建てたら私はお値段以上のとこにすると言っております。
    ゆっくりお考えくださいね。

    • 閑古鳥 より:

      グラスママさんこんばんは、こちらこそご無沙汰しております^^
      こんなにカーテンって高いものなんですね~、家づくりをしなければ知らない世界で、ちょっと驚いています。
      今の賃貸のカーテンは○インズで買った気がしますが値段まで憶えていませんでした。
      確かにハニカムだけでも視線のカットは出来そうですね、レールだけつけてもらってもいいかなぁ~とも考えています(妻には話しておりませんのでこれから相談しねければ)
      ただしこれから記事にする予定の件でどうしても○アスさんにはお願いしなければいけないんですよ!FCの悲しいところです。
      まだ間がありますので良く熟考してみたいと思います。いいアドバイス頂戴して感謝です。

コメントを残す

*

  • ハニカムシェードの外し方と紐(操作コード)の交換方法について
  • 6尺の掃き出し窓のハニカムシェードが大きく傾く故障が発生、自分で修理が出来るのか挑戦してみました
  • ハニカムシェードがあればカーテンは必要ないのか?
  • たった一年でハニカムシェードを交換した理由 意外な盲点となる東の窓の日差し対策
  • ハニカムシェードが故障しました その原因と修理方法について

Twitterでフォローしよう