【Web内覧会・第13回】 キッチンその3 勝手口内土間の使い勝手

20150907ec

閑古鳥です。Web内覧会13回目はキッチンの3回目として勝手口をお送りいたします。

図面

2015090501

勝手口内土間施工

2015090701

オプションで勝手口に内土間をつけることが可能です。価格は土間の広さに関係なく、一律23,000円となっています、極端なことを言えばキッチンすべてを土間にしても同じ価格だそうです。広さについては設計士さんに相談されれば適切なアドバイスを頂けるのではないでしょうか。

色々と検討し導入に踏み切りましたが、メリットとしては

  • サンダルなどの履物を内土間に置けるので雨に濡れない点
  • 取れたての土がついたままの野菜でも一時的に置いておける点
  • ゴミを一時的に置いておける点

デメリットとしては

  • ハニカムシェードが付けられなくなる点、特に勝手口が北向きに以外の場合日当たりが良くなりますし、夏は暑くなりそうです。
  • この部分の床暖房が無くなる分、冬は土間から冷気を感じるかもしれません。
  • 入り口が増えることによる防犯面の心配が増加します。(これは勝手口設置によるデメリットでした、訂正します。ご指摘いただいたスぺシアさんありがとうございます。)

などでしょうか。それぞれのお宅ごとに好み、事情がありますので一概にどちらがいいとも言えません。我が家では母、妻とも勝手口および内土間が必要ということで意見が一致してくれましたので導入する方向で間取りを考えました。

現在の間取りに落ち着く前には勝手口を設けられない場合があることも、打合せを通して教えて頂きました。

第三回の打ち合わせ、勝手口が設置出来なかった意外な理由とは?
一条工務店、i-smart、間取り、一条ルール、勝手口

施行中の内土間

施工時の様子はこんな感じでした。

上棟41日目 基礎化粧工事と足場が解体された我が家の外観
こんちには、閑古鳥です。本日は上棟41日目の様子をお送りします。 基礎化粧工事 午前中から左官屋さんがモルタルを塗ってい...

工事終盤で施工されました。皆様のブログを拝見しているとかなり早い段階で土間が施工されているケースもお見かけしました。

土間の広さ、高さ

土間の長さを図ってみました。

2015090702

まず横幅ですが約68㎝

2015090703

次に長さは約70㎝、ほぼ正方形に近いですね。

2015090704

最後に土間からの高さは約17㎝あります。図面上は-180と表記されていますが、それよりは1㎝土間が高くなっていました。もしかすると測定する場所が違うのかもしれません。

現在の利用方法

2015090705

内土間とカップボードとの間にちょうどいいスペースがありましたので、現在はここにゴミ箱二個を置いて使っています。昼間ここににストックしておいたゴミを、夜まとめて外のポリバケツに移すようにしています。勝手口の外は現在こんな感じです。

2015090706

いずれ記事にしたいと思っていますが外構工事は必要最低限に抑えたため、この部分は(も)DIYでございます。旧宅で使っていた砂利と敷石を敷いておきました。人目に付かないところなので、雨が降ってもぬかるまなければそれでいいかと、結構大雑把です^^

パントリーとの距離

2015090707

一方、内土間の左側にはパントリーがあります。パントリーは天井がさがる関係でQP-45B(奥行き2尺、約60㎝)に変更となっています。

二世帯住宅で下がった天井と減った収納?
一条工務店、i-smart、PS、天井下がる、二世帯住宅

2015090708

(実際に天井が下がった部分はこんな感じの仕上がりです。パントリーがあるため、それほど下がった部分に関して違和感は感じません)

結果的にはこれでよかった気がします。はじめて内土間を取り入れた図面を見た時に、パントリーを使う際に、誤って足を踏み外して土間に落ちないか若干不安がありました。奥行き3尺(90㎝)のパントリーであれば間違いなくそうなっていた気がします。

2015090709

2015090710

2尺になったことでパントリーの前に余裕が出来、逆に使いやすくなりました。それでも右側の部分の出し入れの際にはちょっと気にはなりますね。

勝手口ドア用ロール網戸

2015090711

勝手口の網戸は15,000円のオプションとなります。内土間を施工した場合、ハニカムシェードはつけられませんが、網戸をつけることは可能です。

この網戸は設置して正解だった気がします。夏でも気温の比較的低い朝方は勝手口、カップボードと吊戸棚の間の窓、ダイニングの掃出し窓を網戸にしておくと、風が抜けてくれるので結構気持ちがいいです。

高高住宅に網戸は不必要という考え方もありますが、我が家では網戸は非常に重宝しています。後付すれば余計に費用が掛かりますので迷ったら網戸はつけておいた方が良いと私は思います。

ここまでのWeb内覧会をご覧になる場合はこちらのページをご覧ください。

閑古鳥です。写真は階段のFIX窓から見える景色です。構造上の関係からこの大きさの窓(JF2445)となりましたが、景色も良いので一番大きいFIX窓(JF5961)を採用したかったのがやはり本音でしょうか。さて7月18日に引渡が完了した我がi

コメント

  1. じゅごん より:

    はじめまして。じゅごんと申します。

    自分も、勝手口の土間を希望してつけてもらう設計にしています。
    しかし、冷気が伝わるかも・・・というデメリットまで考えていませんでした。
    実際の冬の寒さの影響の感想に期待しております。

    それと、網戸の件は知らなかったので次の打ち合わせの際に設計さんに伝えようと思います。
    貴重な情報ありがとうございました。

    • 閑古鳥 より:

      じゅごんさんはじめまして^^
      勝手口土間はなかなか便利で重宝していますよ。冷気に関しては冬場を経験していませんので何とも言えませんが、ハニカムも付いていませんから
      多少影響はあるのかもしれません。
      網戸は15,000円なので付けておいて損は無いと思います、おススメですよ。
      今後ともよろしくお願いいたします、コメントありがとうございました。

  2. MRVSD より:

    MRVSDと申します。

    以前はオプション一覧表を頂き大変助かりました。お陰様で打ち合わせも比較的順調に進み9月末に着手承諾の予定です。
    我が家も勝手口土間を採用しておりますが、教えて頂きたいことがあります。
    勝手口ポーチを3段にしたのですが、土間を採用している場合は2段が標準で3段にすると4100円のオプション料金が発生すると言われました(見積では「外部土間階段追加(モルタル金ゴテ仕上)」と表記されています。)。
    写真を拝見すると閑古鳥さん邸は3段にされていると思うのですが、オプション料金は発生しましたでしょうか?
    差支えなければ教えてください。よろしくお願いします。

    • 閑古鳥 より:

      MRVSDさんこんにちは^^打合せお疲れ様でした。
      勝手口のポーチですが、我が家はオプションではなく標準でこの三段となっています。
      ただし直営と違いFCの為かポーチの作成時期・方法が異っております。直営の工事の場合には、基礎工事時に勝手口ポーチも作ってしまっていると思いますが、一条群馬は後からポーチ階段をつくっています。こちらの画像が上棟直前の勝手口付近ですがポーチはありません。
      私も直営のことに関してはよく分かりませんが、直営での打合せでは三段のポーチが図面に欠き込まれていますが、オプションの話は出ませんでした。私が分るのはこんなところですが、お役に立ちませんで申し訳ありません。